FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-28

贈り物SS

ダイレンの新作長編を公開開始します。
他サイト様に掲載されていたイラストに刺激を受けて、ぜひSS化したいと思ってアイディアを暖め続けていた長編です。
2009-02-28

鳳凰展翅(1)

 【西暦2043年。再び甦ったゴーマ族に立ち上がった新ダイレンジャーだったが……】

口紅歌姫の率いる悪魔聖歌隊が仲間から離れたホウオウレンジャーを取り囲んだ。その歌声が発せられた途端、脳を揺さぶるような衝撃が身体を走り抜けた。すぐに耳と頭が激痛で痺れ、全身にまで波及する苦痛が襲ってくる。
「あっ…あぐ…っ!」
ほとんど反射的に武器を取り落とし、耳を塞ごうと両手で頭を抱え込む。だが硬いマスクの側面をいくら押さえつけても耳を覆うことはできず、歌声は鼓膜、聴神経へと流れ込み続けた。
(な、何なのこの音…攻撃…!? マスクで防げない…!)
単なる痛みだけではない。耳から毒を注ぎ込まれているような、どうにもならない苦しさと痛痒感が首から下の神経を徐々に犯していく。
足元がふらつき、よたよたとその場を動き回ってしまう。音響に満たされたマスクを掌で叩き、撫で回しながら、武器を拾い上げることすらできずにホウオウレンジャーは身をくねらせ続ける。耳を塞げないことが頭では分かっていながら、あまりの辛さに両手をマスク側面から離すことができない。掌と耳の間のわずかの空間が恨めしく、いっそマスクを叩き割ってでもこの音から逃れたいと思ってしまう。
「やめ…やめて…!」
音波攻撃のシャワーを全身で浴びながら、ホウオウレンジャーは自分の意思では外すことのできないマスクを掻き毟り、ひたすらに悶えた。

口紅歌姫がタクトを動かすたび殺人音波の音程が微妙に変化し、耳から脳に指を突っ込まれて様々な部分を掻き回されていくような苦痛が襲う。
「ふぅあぁあ~~っ!」
側頭葉、頭蓋骨の裏側、延髄、眼球と視神経…… 頭を抱えたまま身を丸め、また仰け反らせて、逃れようのない音の責め苦に翻弄されるホウオウレンジャー。体中の神経を、生まれて初めて経験する痛みと痺れが蠢いている。聖歌隊に前後左右を囲まれ、もはや全身に歌声が直接浸み込んで来るようにさえ思えた。口紅歌姫さえ倒せばこの攻撃を止められるかも知れないと思っても、歌声の壁に阻まれ、それを突破するどころか逆に中央に追い詰められていく。身体がいうことを聞かず、反撃などとても不可能だった。
「うぁあっ! っぁああぁっ! 耳が! 頭がぁ…っ!」
遠巻きに自分を取り囲んだ敵に指一本触れることもできないまま、ホウオウレンジャーは目に見えない集中攻撃に延々と嬲られ続けた。

どれほど攻撃が続いた後か、三半規管を麻痺させられ、平衡感覚を失ってその場に倒れた戦士を口紅歌姫が見下ろす。歌声の勢いがほんのわずか低くなったが、頭の割れそうな感覚はなおも続いている。
「っはぁ……! はあ……! はあ……っ」
「私が本気を出せば、お前などいつでも殺せることが分かった?」
その台詞も音波攻撃の中では途切れ途切れにしか聞こえない。彼女からすれば祖母にあたる、20世紀に活躍したホウオウレンジャーから口紅歌姫の恐ろしさは一度だけ聞いたことがある。最初の戦いで口紅歌姫の顔に傷を負わせたホウオウレンジャーは執拗に付け狙われ、憎しみに満ちた攻撃を何度も受けたという。この歌声のことも教わったはずだった。だがここまで手も足も出ずに一方的にやられるとは考えもしなかった。激しい苦痛に耐えながら、ホウオウレンジャーは精一杯の眼光で口紅歌姫を下から睨み付けた。

歌声が止んだ。口紅歌姫は恐ろしい力でホウオウレンジャーの首を掴み、細い身体を軽々と宙に吊り上げる。
「ぐうっ! 放せ…っ!」
「お前も昔のホウオウレンジャーと同じ名前、リンと言うらしいわね」
喉を掴んだ手に力が込められ、絞り出すような呻き声が漏れる。
「この傷の恨み、お前で晴らさせてもらうわ」
口紅歌姫は今も頬に残る大きな傷を撫でると、手に掴んだホウオウレンジャーの身体と共に姿を消した。

次へ
2009-02-28

鳳凰展翅(2)

「ダイレンジャーの本拠地を吐かせるのだ」
新たなゴーマ宮の一室で、大佐となったガラが口紅歌姫に命令した。
「そのための捕虜だ。殺してはいけない」
「しかしガラ様…」
「そう焦るな。それを聞き出すためなら、どんな手を使ってもいいということだ」
ガラはそう言って薄く笑った。捕らえたホウオウレンジャーに口紅歌姫が何を求めているかはよく解っていたのだ。
「…承知しました。あいつは例の装置に吊るしてあります。そろそろ大人しくなっていることでしょう」

 ・ ・ ・ 

「くっ…はぁっ…! んぁあぁ…っ!」
広い地下室にホウオウレンジャーの苦しげな叫び声が響く。だがその声の調子には奇妙な色が混じっていた。
壁も天井も遠く闇に溶け込んだ広間の中央。わずかな灯りに照らされて、桃色に輝くスーツに身を包んだホウオウレンジャーは、鳥居のような大型の装置から伸びた触手に四肢をそれぞれ絡め取られ、大の字の姿勢で宙吊りにされていた。
鳥居の柱や横木の内側には一列に穴が開いており、そこから赤い色をした細い触手が飛び出している。機械とも生物ともつかない触手の群れは手足を拘束するだけではなく、とりわけ長く伸びた数本がホウオウレンジャーの身体の各所を撫で回している。ピンクと白、その各所が金で縁取られたスーツの上を赤い細触手が這うたび、少女の身体が引き攣れ、単なる苦痛とは違う何かに身悶えする。
「あ… あぁっ! あっあっ… んっ!!」
鳳凰の姿が細工された凛々しい表情のマスクの内側から、それに見合わない切なげな喘ぎ声が漏れ出している。息を弾ませ、マスクをかたかたと震わせて、こみ上げる感覚に意識を奪われてしまわないよう必死で耐えている様子が見て取れる。ホウオウレンジャーの気力と体力を徐々に削り取る手段として口紅歌姫が選んだのは、性的快感だった。

「う… ううっ…! いつまで…こんなことが続くの…?」
広間には甘い香りが立ち込めている。口紅歌姫がホウオウレンジャーのために調合した、媚薬成分を持つ香なのだ。吸い込めば気力の流れが掻き乱され、性腺が異常に活動し発情状態になる。それを嗅がされながら全身密着スーツ越しに触手のマッサージを受けていたホウオウレンジャーは、数時間前の戦いとは対照的に延々と流し込まれる快感に苦しめられていた。
触手の愛撫に身をくねらせ、喘ぎ、時折耐え切れなくなったようにビクンビクンと全身を反り返らせる。ピンク色のグローブに包まれた細い指が空中に突き出され、力なく震える。
「ふぁ… あぁっ! もう… やめ…!」
禍々しい拘束装置とは不釣り合いな、単に拷問と呼ぶにはふさわしくない淫らな責め。触手の網に翼を絡め取られ、ピンクの鳳凰は肉を蕩かす快楽の火で全身を炙られ続けた。


ホウオウレンジャーも最初からこのように無抵抗だったわけではない。地下室の固い床で気絶から目が覚めてから拘束装置に捕まるまでには、鋭い動きで触手の群れを迎え撃つ一幕もあった。しかし触手は武器を振るっても切れず、一度身体に絡み付けば引き千切る事も出来ず、ホウオウレンジャーの動きをやんわりと封じ込めていった。そして四肢の全てを拘束してからは独自の方法でこの捕虜に服従の態度を教え込んだ。
「このっ! 離せ! う、うあぁっ!」
腕や脚にぎっちりと触手が巻き付き、触手が四方向にぴんと張るまで引き伸ばされると、まるで空中に張り付けられたように手足を開かされ、暴れることすらできなくなった。だが覚悟していた、締め付けや電撃といった攻撃は一度も受けなかった。そして拷問には邪魔なはずの強化スーツを脱がされも破かれもせず、ただ全身を丹念に愛撫される。マスクも外さず、床に落とした武器までご丁寧にホルスターに装着し直されてから、スーツの上を触手が這い回り始めた。
「さ…触らないでよ…っ!」
始めは、念入りな身体検査をされているのだと思い込んでいた。残念ながら隠し武器など持ち合わせていない。体を撫で回しただけで盗み取られるような機密情報もないはずだ。くすぐられるようなじれったい感覚はほんの一時のもので、その後には激しい苦痛を伴う拷問が待っているはずと、そればかり考えていた。
しかし、部屋に漂う甘い香りが濃厚になるにつれて動悸が速くなり、触手が身体に接触するたび感じるじれったさが引いていかないことに気付いてからようやく、薬物を吸わされていること、この接触と感覚そのものが拷問の主要部分であることが次第に理解され始めた。だが理解したところでもうどうしようもなかった。気付いたときすでに身体は媚薬漬けの一歩手前といった状態で、触手が少しでも身体に触れるたびに甘く切ない感覚が染み込んでくる。自分で拳を硬く握り締める感触までが快感に変換されてしまい、精神を集中するきっかけすら掴めない。
(だ…駄目…! 力が…!)
必死で手足を動かし、考えつく限りの脱出方法を試しても、今の自分にはもう一切の気力技が使えないこと、仲間との通信手段が完全に絶たれたこと、などが次々に解っていくだけだった。

そこからは、機械ならではの執拗な快楽責めがホウオウレンジャーを待っていた。
「あ…ぁ…っく! くぅう…っ!」
万歳の姿勢で、脇腹から二の腕までをたっぷり十数秒かけて緩慢になぞり上げられるじれったい刺激が背筋を走り抜ける。たまらず身を揺すると、腰のホルスターに差したスターソードとスターカッターが乾いた音を立てて腰の辺りを叩く。武器はすぐそこにある。不快極まりない触手の群れを今すぐ斬り飛ばしてやりたい。だがその触手に縛られて武器を取ることができないのだ。辛うじて拘束されていない手首から先がもどかしげに宙を掻く。
スカートの中、敵に触られることなど想像もしていなかった内腿の柔らかい皮膚を、ボディスーツ越しに撫で回されている。痺れるような感触に息を弾ませ、脚を閉じようとしても、膝まで絡み付いた拘束触手はびくとも動かない。
スカートの内側へさらに複数の細触手が侵入する。両脚の間、身体の最も敏感な部分だけは外して、その周辺をゆっくりと、執拗に、焦らし続けられる。身体がふるふると震え、甘い泣き声を上げるまで触手は止まらない。いくら声を抑えようとしても、抑えられなくなるまで愛撫は続く。
「ふあぁ…っ! あ、あぅ… んあぁあ…っ!!」
反撃の手段を奪われたホウオウレンジャーは、外見だけは完全無欠の戦闘服を着込んだまま、なす術もなく性的な集中攻撃に悶え続けた。動きやすさを重視した柔らかな密着繊維に包まれて、首筋から股間に至るまであらゆる弱点部分が敵の前に晒されてしまっているのだった。
少し触れただけで絶頂に達してしまいそうに疼く幾つかの部分に触手群は決して触れず、比較的感度の弱い部位を選んでねちねちと責め続けた。擽るように、舐めるように、もどかしい程の愛撫が延々と繰り返される。媚薬で発情させられた身体にとってそれは全身を性感帯に開発されていくのにも等しい。スーツに全身を守られていながらここまで苦しむのは、ある意味で先程の歌声攻撃とも似ていた。
「や…っ! やめろ…もう触るなぁっ! ひっ! っあぁああぁ!」
やめろと言ってやめてくれる相手ではない。拷問装置は飽くまでも機械的に快楽のプログラムを繰り返し続け、いくら怒鳴っても、懇願しても、一瞬の中断も与えられなかった。何をどうしても触手の愛撫から逃れることができず、時おり反抗の意志を削ぐように更なる快感が注ぎ込まれ、絶頂寸前の痙攣に全身を反り返らせる。物言わぬ機械を相手に、ただ一方的に悲鳴を搾り取られていく。
手足の自由を奪われ、気力は使えず、ダイレンジャーとしての力を一切発揮することができないままに、しかし転身だけは解けることなくスーツも武器も揃ったホウオウレンジャーの姿で悶えさせられた。華麗な技で怪人達を翻弄してきた風の戦士が、今までの活躍をすべて帳消しにするかのような懲罰の時間を過ごしていた。
(き、気持ち…いい…っ! 気持ちいいよぉ…っ!)
つやつやと輝く戦闘服の表面がまるで工業製品のように弄り回され、触手の軋む音と喘ぎ声だけが地下室に響く。ピンク色のボディスーツも、白い拳法着も、金色で飾られたソフトレザーのグローブやブーツも、すでに媚薬香が裏側まで染み込んでしまっていた。それでも鮮やかな光沢を維持したままの五星戦隊の衣装は、皮肉にもこの無機質な機械拷問によく似合っていた。

拷問装置の責めを受けながら、ホウオウレンジャーは地獄という言葉を思い浮かべていた。じれったい快感の中に時おり大きな恍惚の波が訪れるが、その度に必ず触手の刺激が弱められ、決して絶頂に達することができない。空に舞い上がろうとする鳳凰のようなポーズで拘束されたまま、そこから高く飛び去ることも地上に降りることもできず、宙吊りの快楽がいつまでも、いつまでも続く。
「うあぁあっ! もう…やめぇっ! や…ぁ…」
これは口紅歌姫が用意した卑劣な拷問なのだ、耐え抜いて口紅歌姫を倒さなければいけないのだ、と思っても、官能の波が身体に押し寄せると、このまま触手の愛撫に任せて絶頂を迎えることができたら、という渇望感が意識を圧倒してしまう。しかしそちらの選択肢さえ決して叶えられず、寸止めの地獄に引き戻されるのだ。
本当に何も抵抗ができない。そして気持ちいい、ただただ気持ちいい。決して口に出すことはしないものの、それ以外の感覚や思考が次第に削り取られていく。一体いつまでこれを耐えればいいのか分からない。拷問の目的も、どうすれば口紅歌姫が満足するのかも知らされないまま、機械仕掛けの快楽を味わい続ける。
「このまま… このまま、こんなっ… ご、拷問が続いたら…っ!」
調教といっても良かった。敵に身体の自由を奪われ、風の戦士としての誇りを徹底的な屈辱と動物的な快感で塗りつぶされていく。転身しているのに戦うことができない、ゴーマの機械に一方的に犯され続けるしかない、自分の意思では絶対にこの快楽から抜け出すことができない……
そのようにして数時間、いま一切の抵抗が無意味であることを、そして媚薬の染み付いたスーツの着心地をじっくりと身体で学習させられた。

 ・ ・ ・

「お待たせしたわね、ホウオウレンジャー」
朦朧とした意識を現実に引き戻すように殺気を含んだ声が聞こえ、暗闇の中から口紅歌姫がゆっくりと現れた。
「く、口紅歌姫…! 一体これはなんのつもりよ!」
ようやく姿を現した敵に対しホウオウレンジャーは、怒りよりもまず、この拷問がようやく終わるのかという焦りから上ずった叫びをあげてしまう。その声には、一秒でも早くこの快楽調教から解放して欲しい、もう耐えられないという懇願の感情がどうしても現れてしまっていた。
触手の拘束架が動き、口紅歌姫と向かい合う高さまでゆっくりと吊り降ろされる。口紅歌姫は無言でこちらへと歩んでくる。媚薬に全身冒され、発情しきった身体を怪人の手で直に責められでもしたら、と想像すると、せっかくここまで持ちこたえてきた正気が一瞬で失われてしまいそうだった。
(だ、駄目だわ…! 気を…しっかり…!)
だが触手のうち愛撫の役目を務めていたものが鳥居の中へと戻り、ホウオウレンジャーは相変わらず宙吊りにされながらも数時間ぶりの闘志を徐々に取り戻して口紅歌姫を睨み付けた。
「尋問の前のごあいさつよ。聞きたいことがある」
「尋問なんてされても…何も言わないわよ」
口紅歌姫は右手に鞭を持ち、その長い革紐をくるくると左手に巻きつけて弄んでいた。
「結構よ。お前が喋るまで私は何日でもお前を痛めつけるだけ。せいぜいすぐ死なないように頑張って頂戴」
憎しみの込められた言葉が単なる脅しではないことが、戦士として経験の浅いホウオウレンジャーにも分かった。
だが、唯一の救いは口紅歌姫が捕虜をすぐに殺すつもりがないことだった。自分がゴーマ宮に囚われている事を仲間達は気付いているはずだ。その助けが来るまで持ちこたえることができれば…

「ダイレンジャーの新しいアジトがどこか。まずはそれを喋ってもらうわ」
口紅歌姫の鞭が動いた。バアン! という音とともに焼けるような痛みがホウオウレンジャーの胸に張り付く。
「うあぁっ!」
だがスーツの防御力のおかげで、この程度の苦痛は触手が残した不快感を忘れるのに丁度良いくらいだった。
「無駄…よ… そんなこと絶対に教えられないわ」
助けが来るまで、決して仲間の情報を明かさず尋問に耐え切ることが今ホウオウレンジャーのなすべきことだった。
「あら、そう?」
口紅歌姫は腕を振り上げて力を込めると、目にも留まらぬ速さで鞭を振るった。
「ぐあぁっ! あっ! ああ!」
全身を乱打され、スーツ表面を覆う気力が何度も火花を上げる。ホウオウレンジャーに絡みつく触手の一部が千切れて飛び散り、口紅歌姫が攻撃を中断した。宙吊りのまま、改めて口紅歌姫を睨み付けるホウオウレンジャー。そのマスクの頬を目掛けて、ひときわ強い鞭の一激が飛んだ。マスクが破壊されかねない勢いだった。口紅歌姫は自分の頬の傷跡に再び手をやる。
「口紅歌姫…! 何十年も昔の傷のことなんかで、何をそんなむきになってるの!」
「この傷を見るたびお前を、いやお前の祖母に倒されたことを思い出すのよ。たとえ別人でも、同じ姿のホウオウレンジャーが苦しむ姿を見たいのよ!」
「バカみたい! それって結局八つ当たりじゃないの!」
「この娘は… いまいましい…」
鞭の連打にこたえた様子もないホウオウレンジャーに、口紅歌姫は傍らに用意した道具台を引き寄せて次の一手に取り掛かった。

次へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。