FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-12

銀翼(1)

「わたしとしたことが途中で獲物を逃がすとはな」
炎神ジェットラスの声がコックピットに響く。
「逃げ足だけは速いヤツだったもの。仕方ないよ」
炎神の操縦席に座ったゴーオンシルバー・須塔美羽が物憂げに答える。

戦闘機に乗り込んだ敵と空中戦になるかと思われた矢先、煙幕に隠れて全速力で逃げ出した相手を数時間に渡って追いかけ、結局は取り逃がしてしまったのだ。
いつまで経っても距離の縮まらない標的を追い続けるのはパイロットとしても精神的に疲れるミッションだった。すでに日本の上空を外れ、足下には太平洋が広がる。計器を見てもすぐには現在地が掴めないところに来てしまっているようだった。東京に戻るにはまた何時間も飛び続ける必要がある。
(あーあ、すごく時間をムダにしちゃった気分。ジェットラスも途中であきらめて引き返せばよかったのに、もう)
ヘルメットの中でぶつぶつ呟くと、美羽はハーネスで固定された体を改めてシートに凭せ掛ける。
「さ、早く帰りましょ」
「ああ…だが少々疲れた。久々の失敗のせいか、どうも気分が優れないな」
ジェットラスが機首を少し下へ向ける。
「離れ小島だが、陸地がある。着陸するぞ」
「えっ?」
美羽としては一刻も早く帰りたいところだったが、海の真ん中の無人島に下りてみるのも悪くないかと思い直し、うなずいた。

ジェット噴射が止まり、機体が砂地に滑り込む。
「ふう…。まあここでいい、私は少し休む…」
着陸するなり、ジェットラスの声が消え入るように伝わり、そのまま沈黙した。
「ちょ、ちょっと! どうしたのよ今日は」
さっきまではそこまで疲弊した様子も無かった相棒の変調にマイクから呼びかけてみるが、返事はない。
嫌な予感がしたが、ゴーオンシルバーにもそれまでの疲れが込み上げてきて、操縦席に座ったまま、メットやハーネスも外さずに眠り込んでしまった。

次へ
2010-09-12

銀翼(2)

意識を取り戻したとき、美羽は目の前に並んだマシンやバイザー越しの視界に戸惑った。
「そうか…あのまま寝ちゃったのか…」
メタリックシルバーのスーツに包まれたまま寝込んだせいか、体が重く感じる。
そういえばせっかくの無人島なのだ。砂浜に下りてみたい。起き上がろうとして身体を座席に縛り付けるハーネスに阻まれる。それを外そうとして、腕が動かない。
「え、えっ?」
あわてて視線を腕に向ける。座席に予備で付いているはずの銀色のハーネスやベルトが手足に巻きつけられ、まるで操縦席が拘束椅子になったようだった。
「なに、何よこれ! 何の冗談よ、ジェットラス!」
先程と同じく、返事はない。手、足とも相当に強く縛り付けられ、目の前のウィングトリガーやフットペダルを操作することもできない。各種レバーやスイッチ類にも手が届かない。再度、炎神の名を呼ぶが、どうやら何者かの罠に嵌まってしまったようだった。

「キヒヒヒヒ、驚いただろう、ゴーオンシルバー」
視界の隅から現れた毒々しい色合いの蛮機獣にゴーオンシルバーは拳を握り締める。敵が侵入したことにも気づかず、眠っている隙に行動の自由を奪われてしまうとは。
「俺はヤクヒンバンキ。俺の睡眠薬は炎神やゴーオンジャーさえ眠らせる特別品さ」
蛮機獣はシートに拘束されたゴーオンシルバーのもとに近づき、金属製のスプレー缶を見せ付ける。
「睡眠薬!?」
「その通り。追いかけられている間に空中で少しずつ噴射してやったんだ。そして…」
ヤクヒンバンキは手に提げたバッグの中から人間の腕ほどもある巨大な注射器を取り出す。
「特別品はもうひとつ。ゴーオンスーツにも楽々突き刺さる注射針!」
「ううっ…」
注射器の中に入った毒々しい緑色の液体にゴーオンシルバーは震え上がった。
ゴーオンスーツを突き通すという言葉は単なる脅しではないだろう。1リットルは優にある毒液が血管に注入される図を想像しただけで、泣いて許しを請いたい気分だった。
(こんなところで… こんなところでやられるなんて…!)
変身し、炎神のコックピットに収まって、まさかその操縦席で手も足も出ない状態にされるとは思わなかった。

「さあ、いくぜ…?」
ヤクヒンバンキの注射針が、シルバーのスーツの肩の部分を、プスン、と簡単に突き抜けた。
「ああうぅっ…!」
(アニ…!)
だが、その針が、汗ばんだ美羽の肌を突くことはなかった。ヤクヒンバンキは針の先端をスーツの表面近くに保ったままでピストンをゆっくりと押し、緑色の液体をスーツと肌の間に全て流し込んだ。
右肩から胸、腹部へと粘り気を含んだ冷たい液体が流れてゆき、やがて液の下端が下半身まで到達する。
「えっ…、な、何よ…!」
即死だけは免れた。だが一体この薬品で何をしようというのか。
「安心しな、これは塗り薬みたいなもんさ。効果はすぐに分かる」
洗脳、拷問、そんな単語がゴーオンシルバーの頭をよぎる。身体を動かすとスーツの内側で背中側までぬめる毒液が回ってしまったのを気味悪く思いつつ、ゴーオンシルバーは自分の精神力に望みを賭ける。
「さてと、俺の仕事はここまでだ。あとは一人でやっててもらおうか」
「ちょ、ちょっと一体どういうことよ! 待ちなさい!」
背を向けて去っていく敵に、意味が分からずゴーオンシルバーは大声で叫んだ。身体を操縦席に押し付けられているため、振り返ることすらできない。
「どこまで耐えられるか、見物だなァ…」
そう言ってヤクヒンバンキはゴーオンシルバーの視線の届くところから消え、呼びかける声にも応じず、やがて扉の閉まる音だけが聞こえた。

次へ
2010-09-12

銀翼(3)

「う…」
スーツの中の液体が皮膚に浸透し、じわりと熱を持ち始めた。
「ねえジェットラス! 起きてよ!」
何度叫んでも眠り込んだ炎神が目を覚ますことはない。縛られた手足の届く範囲で操作できる機材はないかと探したが、手首や足首までバンドで堅く固定されて、緩む気配もない。無理に動こうとすると、スーツ内部の毒液がグジュグジュと音を立てて、毒を体に擦り込んでしまうような気さえする。
液はすでに、胸と腹、背中を濡らしたあと尻の下に大量に溜まっており、局部が毒液にたぷたぷと漬かった状態にされてしまっている。
自力では脱出できそうもない。救出を期待できる仲間は… 兄はともかく、あの頼りない5人なら簡単に同じような罠に嵌められてしまうだろう。そして連絡の取れない兄も無事である保証はないのである。ゴーオンシルバーは絶望的な心境に陥った。

そして次第にヤクヒンバンキの毒液が効果を発揮し始めた。スーツの中で液のやや乾き出した胸と背中が、猛烈な痒みを感じ始めたのである。
「あくっ、か、痒い…っ!」
もちろん、掻くことなどできない。辛うじて背中をシートに擦り付けることはできても、滑らかなスーツがシートの上を動くだけである。そして胸の痒みはどうすることもできない。
「あっ! はあ…っ!」
恐怖とともに大量の発汗が起こったが、毒は汗で洗い流されることもなく、むしろ汗と混じりあって刺すような痛痒感を皮膚にもたらすようになる。
「た、助け…て…!」
ゴーオンシルバーは銀色のスーツを煌めかせながら操縦席の中で悶えた。 騎士の甲冑のようなスーツの内側に侵入した異物は装着者の素肌に粘りついて広がっていった。

何とかしなければ。自由にならない首を動かして何か役立つものはないかと見回すうち、左右斜め上、コックピット天井部分に、見慣れないビデオカメラらしき装置が据え付けられているのに気付く。
「う、嘘…でしょ…!」
乗り込んだとき、カメラその他の機械がそこになかったことは覚えている。とすれば、自分が眠っている間にヤクヒンバンキが取り付けたものに違いない。毒に犯され狂いまわるゴーオンシルバーの痴態、さらには最期を撮影するために。
いや、その映像はガイアークによってリアルタイムで鑑賞、放映されているのかもしれないのである。
「くぅ…! み、見てるんでしょ、変態! 卑怯者…!」
だがいくら叫び、悪態をついても2台のカメラはただこちらを見下ろしているだけだった。椅子に縛り付けられ、その視線からは絶対に逃れることができない。
薬漬けの股間にまだ痒みはやって来ない。その代わり秘唇や菊門の奥にまで沁み込んだ毒液はそれらの内部を熱く沸騰させ、媚薬にも似た効果を発揮してゴーオンシルバーの意識を蕩けさせた。
「ひ、いひぃ…!」
監視されていると分かっていても、気が狂ってしまうほどの痒みに理性が抗し切れなくなり、全身を絶え間なく動かして肌とスーツを擦れ合わせてしまう。上半身のハーネスの位置がずれ、尖った胸の先端近くがそれに触れるようになると、必死になって乳首をそこに押し当て刺激した。
全てはスーツの中のこと、ヘルメットで表情も分からず、カメラからは何をしているか分からないはず…。

あまりの痒みに全身の感覚が飽和状態となり、ゴーオンシルバーはもう自分が何をしているのか考えられなくなっていた。
狭いコックピットの中で、銀色の戦士の喘ぎ声からは次第に正気が失われていった。

(完)
2010-09-12

シルバーUPしました

去年5月に書いたゴーオンシルバーの短編SSをアップしました。

タイトルは「銀翼」としました。とにもかくにも変身後派なので、シルバーのスーツを見て、少々硬そうな素材だけど今までにない光沢感! と思って書いてみたものです。戦闘機乗りということで、狭い操縦席も利用させてもらいました。設定に変なところがあったらすみません。
せっかくのキャラとシチュエーションなのに短すぎるかな、と思いながら結局ほとんど加筆していません。

他作品の加筆ですが、「寄生虫」は真夏の山をイメージして書いていたので、これのシーン追加を夏の内にやります。その(3)の最後あたりから分岐させて苦痛責めメインのルートを作る予定です。
2010-09-23

寄生虫(4')

「ねえ、ちょっとここで一休みする?」
「うん、そうする」
木でできたベンチに少年と並んで腰掛ける。触手粘膜で裏打ちされた短いスカートは、前垂れの部分だけでなく後ろ側も吸盤状の触手で尻に密着させられており、股間に密集した触手群を尻に敷いてベンチに座ることになってしまう。仕方なく、腰でも痛いような動きで恐る恐る腰を下ろすが、尻に体重を掛けるに従ってベンチと挟まれた触手がヌルヌルと動き出し、思わず声が出そうだった。

「ふう、疲れた~」
何も知らない少年は呑気な様子で足をぶらぶらさせ、快晴の空を木の葉越しに見上げる。
「ねえ、ホウオウレンジャーはその服、暑くないの?」
「えっ? ええ、うん、そうね、今日はちょっと暑いかな……」
日陰からはみ出しているホウオウレンジャーのブーツは真夏の太陽に照りつけられて爪先で光を放っている。スーツの外は相当な猛暑に違いない。そうした外部の熱を遮断するせっかくのスーツが、今は服の形をした触手に作り変えられ、太陽の熱とは無関係にヌメヌメとした生温かい人肌の不快感を装着者に味わわせ続けている。汗を発散するはずの皮膜素材は触手に侵食され、二層のスーツの間は汗と粘液のプールと化していた。
「へー、やっぱりなんだ……」
(あ、あんまり近くで見ないで……)
子供の隣で全身を触手に犯され、性感帯を弄り回される。特に尻の間では前垂れと同様に単なる繊毛から形を変えた触手が大きく育ってきているのが感じられる。間近から見つめる遠慮のない少年の視線がそれを加速させているような錯覚さえ覚え、「視姦」という文字が頭にちらついた。
「ひうっ!」
何気なくスーツの太腿を手で触られただけで、全身に鳥肌が立ち背筋を寒気が走った。
(も、もう……!)
「さっ、さあ早くしないとゴーマが来るわ! もう行きましょ!」
あわてて立ち上がり、粘液と膣分泌液の混ざった液がベンチからスカートに糸を引くのを見られまいと少年を強引に抱き起こした。

広場から山の麓方面へ続く道には<駐車場・売店>の小さな看板が立っていた。
「ほら、もう少し歩けば、すぐにみんなの居るところに着くはずよ!」
ホウオウレンジャーは少年に先を行かせるようにして道を下り始めた。
(早く……早くしないと……)
ベンチから立ち上がってすぐに感じたのは、股間近くに寄生した触手がもう短いスカートで隠しようがないほどに太く大きくなっていたことだった。スカートの前後に、それこそ人間の男性器ほどの極太の触手が一本ずつとぐろを巻き、ホウオウレンジャーの局部をなぞるようにゆっくりと擦り付けられている。執拗に弄られ続けた外陰部は潤んで自ら口を開きはじめ、触手がその気になれば今にも貫通されてしまいそうだった。
もう正常を装って歩き続けることすらできなかった。少年の背後を付いて歩きながら、こっそりとスカートの中に手を挿し入れ、うねうねと這いずる触手の動きを止めようとする。初めて手で触れたスカートの内側は、びっしりと生えた繊毛に粘液が絡まり、生き物の内臓に手を突っ込んだようだった。スカートから内向きに生え出た脈打つペニス型触手を握り締めようとすると、それを妨げるかのように繊毛が指に絡み付いてくるのがグローブ越しに感じ取れた。
「う……ぅんっ!」
またしても声を挙げそうになり、後ろを振り返った少年に気付かれないように慌てて手を背中へ回して咳払いをした。
(もう駄目……一度この子を置いて触手を……、でも……!)
快感と葛藤するホウオウレンジャーは助けを求めるかのように周りを見回した。
そして次の瞬間、ホウオウレンジャーは最悪の事態に気付いて絶望に立ちすくんだ。ホウオウレンジャーの目に飛び込んできたのは助けではなく、戦闘員を引き連れた敵怪人の姿だった。

「おやおや、随分のんびりとピクニックしていたようだな、ホウオウレンジャー」
広場に現れたのは、先程ホウオウレンジャーに触手蟲の卵を浴びせかけた、あのグロテスクな姿の怪人だった。その両脇を固めるようにして、十数名のコットポトロ達が怪人の背後から現れ、ホウオウレンジャーと少年の方へじりじりと近づいてくる。
「この子に手出しはさせないわ!」
触手スーツの快楽責めで蕩けかけた身体に鞭打って、ホウオウレンジャーは少年を背にして広場の端に立ちはだかった。
「ゴーマは私がやっつけるわ! 山の下まではその道をまっすぐ降りるだけよ! 走って!」
「え、え……でも……」
「早く!」

次へ
2010-09-25

分岐小説

リクエストにお応えするついでに、「寄生虫」を分岐小説化しています。といっても選択肢は(3)から(4)or(4')の1箇所だけですが。

官能小説の分岐小説は二次元ドリームマガジンにもよく掲載されてますね。こちらはゲームブックというよりもエロゲーからの発想という感じがしますが。選択肢によってグッドエンド・バッドエンドに分かれるようになっていますが、もちろんどのルートでもエロシーン満載、雑誌のカラー上ほとんどが陵辱エロというものですw

うちのSSはこれまでバッドエンドばかりですので、今書いているのは最後にヒロインが勝つルートにしようかなという気持ちもありますが、どうなることやら。夏の間にやりますと言っておいてお待たせしているので、細切れでも書けたところから公開していきます。今の予定では(6')くらいまでの分量があります。

分岐化するのはゲームブック風・エロゲ風にしたいからではなく、書き終わってから「こんなシーンを入れれよかった」「こんなプレイもやりたかった」と思うことが多かったためです。「逃鳥」も色んなことがさせられるストーリーなので、(2)あたりから分岐化したいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。