FC2ブログ
2014-11-09

渇水(2)

「たしかこっち側が……」
市民プールの敷地を出て裏通りへ回り、目隠しの柵をへだてて競技用プールがある辺りまで来ると、何者かが大きな足音を立ててコンクリートの上を歩き回っている様子が分かった。
「ゲロゲ〜ロ、こんなところにもまだ水があったぞォ」
足音の主が発する低い声が聞こえる。"バケモノ"の正体はこれに違いないと、七海はその場から鉄柵を飛び越えて乾いたプールサイドへ降り立った。

「ゲロ?」
突然現れた七海に気付いて驚いた様子を見せたのは、二本の足で立った巨大なカエルのような怪人だった。体のあちこちが機械化され、顔は間抜けだが凶悪そうな武装をしている。
「その格好、ジャカンジャね! プールなんかに現れて何を企んでるのよ」
「ゲロゲーロ、オレは水喰い忍者ガマジャクシ! これから地球の水を全部吸い取ってスッカラカンにしてやるのでゲロ」
ガマジャクシと名乗った怪人は、指がホースか銃口のようになった手を振り回しながら言った。
「水を!? ちょっとちょっと、そんなこと絶対にさせないんだから!」
地球侵略はひとまず置いておいて、この暑い日に目の前でプールの水を吸い取られてはたまらない。ガマジャクシがそんなことをやる前に止めに入れたのはある意味ラッキーだった。
怪人の返答を待つことなく左手のハリケンジャイロを取り出し、回転機構を作動させる。
プールの水面全体を波立たせるほどの風神エネルギーの発生とともに七海の全身が光に包まれ、鮮やかな青色のシノビスーツを身に張り付かせた戦士の姿が現れた。
「水が舞い、波が踊る! 水忍・ハリケンブルーが相手よ!」
仲間に連絡せず一人でシノビチェンジしたのは、水忍同士の一騎打ちという意味もあるが、ちょっとした下心もあった。今日は入場待ちまでしてプールで泳ごうとしていたところに思わぬ邪魔が入ってしまったが、この怪人を難なく倒せれば人が戻ってくるまでしばらくの間は泳ぎ放題、プライベートプール状態になる。できれば一人で広い貸し切りプールを満喫したかった。
(ま、それくらい役得ということで、いいよね……)

「ハリケンジャーか! これでもくらえィ!」
ガマジャクシが指先から弾丸を打ち出してくる。ハリケンブルー・七海は弾丸を避けてプールの方へ跳躍すると、競技用プールのコースを仕切る、青と黄色のフロートで水面に浮かんだロープの上へ両足を揃えてふわりと着地した。

次へ
2014-11-09

渇水(3)

「ほーら、こっちこっち」
敵を誘うように、ロープから隣のロープへと身軽に飛び移っていく。
「なにおぅ!」
だがガマジャクシはこちらへ飛び込んでくる様子はなく、元いた場所からばらばらと弾丸を撃ってくる。その弾が肩をかすめ、ハリケンブルーは立っていたコースロープの足元、プールの水中にするりと飛び込んだ。

プールの水深は深く、ハリケンブルーの身長だと少し身を屈めれば全身が水中に隠れるほどだった。水中で戦うとすればちょうどいい深さである。
ハリケンブルーのシノビスーツは水忍の装束だけあって、水中での活動に適した構造と機能を備えている。ウェットスーツや潜水服と違って薄くしなやかな特殊繊維で、特に鎖帷子のように見えるアンダースーツは極薄で肌に張り付いているから、こんな日に水に入ると火照っていた肌に水の冷たさが感じられて気持ちいい。スーツに水は染み込まないが、身体にかいていた汗は薄いアンダースーツから外へ染み出していくので、マスクやブーツを除けばほとんど裸で水中にいるような爽快感がある。怪人を倒して水着に着替えて、といったことをしなくても、しばらくこのまま水遊びを楽しんでしまえそうだった。
水面から顔を出すと、初夏の太陽が真上から照りつけてマスクの中に光が差し込んだ。
「なんで来ないの? こんなに気持ちいいのに」
背泳で中央のコースを泳ぎながら、ハリケンブルーはガマジャクシに向かって声を上げる。
「まさか、カエル忍者のくせに実は泳げないとか?」
それでもガマジャクシは水中へ追ってくることはなく、プールサイドからハリケンブルーを狙い撃ちしてくる。
「あっ!」
水面から出ていた膝に銃撃が当たり、鋭い痛みを感じたハリケンブルーは再び水中に身を隠す。
「いたっ、た……」
致命的な威力はないが、何発も食らって無事で済むような攻撃でもない。水遊びを優先するあまり、敵を誘い込むどころか水中に追い詰められてしまったような格好になってしまった。
(そろそろ、こっちから仕掛けないと……)
スーツの機能のおかげで水中に居ても呼吸の心配はない。その気になれば何時間でも潜んでいることはできるが、このままでは、水食い忍者と名乗った怪人がプールの水を吸い出してしまうだろう。そうなると、使える水忍法も限られてしまう。
背中の剣、ハヤテ丸の柄に手をかけて、プールサイドにいるガマジャクシの様子を伺った。

「ゲロゲ〜ロ。上がってこないなァ〜」
ガマジャクシは、ハリケンブルーがプールの底に腰を落ち着けたのを見て、そろそろ行くかとでもいう風にその場で反り返って、大きく息を吸い込んだ。
「行けっ! 子ジャクシぃ!」
ガマジャクシの巨大な口から、大型のオタマジャクシが、魚でいえば鯉ほどもあるものが次々とプールの中へ吐き出された。
水中で、親と同じく機械的な外見のオタマジャクシが近付いてくるのを見て、ハリケンブルーはプールの底で後ずさりする。
「な、何これ…… 触らない方がいいわよね……」
だが水中に投下される子ジャクシの数は増えていき、ざっと百匹以上がハリケンブルーの周りをゆっくりと泳ぎ回っているような状態になっていた。こちらへ襲い掛かってくる様子はないが、その内の一匹二匹が緑色に光ったのを合図に、次第にすべての個体が鈍い光を放ち、体をぶるぶると震わせ始めた。
「え、えっ、何よ!」
背後にいるものも同じ動作を始めていた。いざとなれば水の外に逃げる準備を整えながら、まさか電気でも流すつもりかとハリケンブルーは子ジャクシ達の出方を待った。

次へ
プロフィール

鳥籠

Author:鳥籠
管理人の名前も鳥籠。
2chエロパロ板のヒロピンスレでの活動を経て個人ブログを立ち上げました。

サイトの説明
目次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ