FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-13

渇水(7)

一瞬のあいだ気を失ったハリケンブルーは、プールの水中から飛沫と共に打ち出すように放り上げられ、プールサイドの地面に身体を叩きつけられて、そこで意識を取り戻した。
「ぁあ……っ!」
ざらついたコンクリートの地面に身体の前面をへばりつかせるようにして倒れている。両脚を力無く開いて投げ出し、普段はスカートで隠れているレオタード状の青い下履きが脚の根元に食い込んでいるのを見せ付けてしまっていた。
ようやくプールから脱出したというのに、身体中の痛みに加え、水から上がった疲労感が追い討ちとなって、息も絶え絶えといったような苦しげに呼吸を繰り返す。青と銀色のスーツは流動性の低い粘液でまみれ、まるで産道を通って産み落とされたばかりの生き物のように日差しの下でテラテラと光っていた。
(か、身体が……重い…… 動けない……!)
水中の酸素を取り込んで呼吸を維持するシノビスーツの機能が、粘液で全身こってりと覆われたために使えず、スーツの内部は軽い酸欠状態となっていた。水から上がった今でも、スーツ外部の空気を充分に呼吸することができずに息苦しさが続いている。しかしハリケンブルーにはそれに気付く余裕もなく、マスクを操作してフェイスオープン状態にすることも思い付かなかった。グローブの指先までくまなく粘液が纏いつき、シノビスーツの上に薄い皮膜を被ったような感覚、そして不快な生ぬるさが皮膚にぺっとりと張り付いている。
呻きながら横へ転がると、鎖帷子と忍装束の間に溜まっていた粘液が滲み出すように零れ、青い装束の袖口やスカートの内側で糸を引く。コンクリートに擦り付けられて捲れ上がっている、青いタイトスカートの前の裾を掴んで元に戻そうとするが、粘ついた液でグローブが滑り、上手く行かなかった。
脚と脚、脚とスカート、身体と地面の間で粘りつく液体の感触を、気持ち悪いと思いつつ、今はそれを洗い流す方法も拭く物もない。
「ゲロゲ〜ロ、もう一度水に入れてやるか、それとも……」
プールの水を蹴立てて近づいてくる怪人の声を聞いて、ハリケンブルーは何とか力を振り絞って反撃か逃走かのために立ち上がろうとする。うつ伏せになっている上半身を起こそうと腕を動かすと、ニチャッ、と音がして、顔のそばの地面と手のひらの間で透明な粘液がとろりと糸を引くのが見えた。
「うぅっ……」
プールの水が変化した粘液は、陸に上がったハリケンブルーの身体表面で乾いたためか、より粘度を増して、糊か接着剤のようになっていた。両手を付いて身体を持ち上げようとすると、比喩ではなく身体を地面から引き剥がすような力が必要だった。
水中で使おうとしたが作動しなかった左腕のハリケンジャイロは、いま改めて見ると装置の細部までが粘液に覆われ、どう見ても使用不能になっていた。これでは、発信機機能はおろか、手裏剣を飛ばすことすらできない。
(ど、どうしたら……)

「ゲロゲ〜ロ、反撃する力もなくなったか?」
泡立った音とともにプールから上陸し、巨体から粘液を滴らせながらガマジャクシが近づいてくる。陸地では動きが鈍いものの、ゆっくりとこちらへ距離を詰め、まだ完全に立ち上がれないハリケンブルーの前に立ちはだかる。
「っ……!」
尻餅をつき、後ずさりしながら、何とかこの状況を逆転できる手はないかと考えを巡らせる。
(武器は使えない、忍法もこの状態じゃきっと……)
プールのそばに居るというのに、水が使えない。カエルの卵が混じった粘液を身体中に塗りたくられ、洗い流さなければ……
(洗う…… そうか! 水はプールだけじゃない、シャワーが、水道があるはず!)
素早く左右を見回し、更衣室に繋がるシャワールームの場所を確認する。十数メートルほど先にあるその場所へ、ガマジャクシには構わず駆け出していく。
「やぁっ!」
だが、疲労し、接着剤のような粘液にまみれた身体では普通に走り出すことすらできなかった。二、三歩進んだところで前へつんのめり、膝を付いて、その場へ倒れかけてしまう。
「逃がすかァ!」
ガマジャクシが、振り向きざまに口から一匹の子ジャクシを吐き出し、それがハリケンブルーの背中へ乗って張り付いた。
「あ……! あぁ〜〜ッ!!」
ハリケンブルーは地面で身をのけぞらせて悶えた。背筋をはじめとして全身の力が抜け、立ち上がろうとしていた足腰が急にかくんと折れて地面に両手を付く。
コバンザメのように食いついた子ジャクシに血を吸い出されている、そのように感じられた。わずかな痛みと、血液や体液を吸い出されていく感覚に対して、反射的に右手を背中に伸ばす。
右肩近くに張り付いた、鯉の成体ほどに成長した子ジャクシを掴んで投げ捨てようとする。子ジャクシは栄養を吸って膨れ上がったようにブヨブヨとした感触に変化し、掴むと指先がその肉に浅く食い込んだ。背中に牙か何かを刺し込んで食いついているのではないかと思ったが、思い切って子ジャクシの胴体を掴むと、スーツの一番外側に着た忍装束だけが一緒になって引っ張られ、その下の鎖帷子や肌には何かが刺さったわけではないことが分かった。
忍装束が千切れたらどうしよう、と思いつつそれでも力任せに引っ張ると、ジュボ、という音を立てて吸盤を引き剥がすように子ジャクシの腹が青いスーツから離れた。
「あっ、はぁっ、はぁっ……」
肥満したように柔らかい子ジャクシがハリケンブルーの白いグローブの中でもがいている。スーツに吸い付いていたらしき口部分に目をやると、岩から剥がしたアワビの肉のようなグロテスクな吸盤状器官が呼吸するように動いていて、思わず小さな悲鳴を上げて子ジャクシの身体を地面に叩き付けた。
全身を細かく震わせながら、ハリケンブルーは膝と肘を地についてその場にうずくまる。さっきの攻撃に力を吸われたようになって、疲労の度合いが一段と強くなっている。投げ捨てた子ジャクシの様子にちらりと目をやると、水中では緑色に光っていたその機械生物が、今はハリケンブルーのスーツの色を思わせる青色に光っているのが見えた。
(や……やっぱり……)
エネルギーを吸われてしまったのでは、という直感は当たっていた。目の前で光の青色が見る見るうちに濃くなり、子ジャクシが小刻みに震え出した。子ジャクシの身体の輪郭が曖昧になり、膨れ上がったかと思うと、次の瞬間、その身体が炎を上げて爆発した。

突然のことに、受け身を取る間もなかった。至近距離からの爆発にハリケンブルーは軽く吹き飛ばされ、更衣室の建物の外壁に身体の側面を叩きつけた。
「あぅう……っ!」
爆風や機械の破片をまともに浴びた右腕と、コンクリート壁に叩きつけられた左半身がジンジンと痛む。爆発した子ジャクシは跡形もなくなり、青い煙のようにうっすらとその場に漂っていた風神エネルギーもすぐにその場から消えてしまった。吸い出されたエネルギーが取り返せなくなってしまった、という思いが頭をかすめるが、今はそれどころではない。
そのまま気を失ってしまいそうになるのをこらえて立ち上がり、洗浄用シャワーがあったはずのプール出入口の方へ向かった。

次へ
2014-12-21

渇水(8)

(や……やったわ……これで……!)
鉄製の大きな散水口が頭上の高さに並んだ、遊泳者が身体を洗うためのシャワーにハリケンブルーはようやく辿り着いた。これでやっと身体中に粘りついた粘液を洗い流せる、そう思って震える身体で水道管にすがり付き、緑色のペンキが塗られた丸い吐水ハンドルを回す。
「え……えっ!?」
抵抗もなく回るハンドルをいくら捻っても、頭上のシャワーからは数滴の水しか落ちてこない。足元にはさっきまでの利用者が使っていたことを示す水溜まりがあり、もともと使用不可ではなかったことは確かだった。
「ゲロゲ〜ロ、残念だったなァ。ここの水道の水はもう全部子ジャクシが吸ったぞ」
「っ……!」

背後に迫ったガマジャクシから必死で逃れるように、ハリケンブルーは更衣室の中へよろよろと駆け込み、洗面所や水飲み機の蛇口を手当たり次第に回す。
「こ……ここも……! ここも駄目……!?」
水道管の中が完全に空になっていることに薄々気付きつつ、まだ配管の中に少しでも残った水があるかも知れないと、ロッカー室横のトイレにまで駆け込み、必死で蛇口を捻る。だが、もう一滴の水も青色のグローブを濡らすことはなかった。
身体中にこってりとまぶされたこのネバネバの粘液をもうどうやっても洗い流せない。そのことがほぼ明らかになると気がおかしくなりそうで、ほとんど錯乱状態のハリケンブルーは水の枯れた水道管をどんどんと叩き、マスクの口を蛇口の先に擦り付ける。
「み、水……水を……!」
そんなハリケンブルーの首根っこをガマジャクシは掴んで洗面台から引き剥がし、白いタイル張りの廊下へ投げ捨てる。
「あぁっ!」
そして、床へ這いつくばったハリケンブルーを見下ろすように立つと口を大きく開き、濃厚な粘液と共に子ジャクシを吐き出して背中へ浴びせた。

ようやく乾きかけていた青いスーツに改めて粘液を注がれ、ハリケンブルーは生ぬるい滴りに背を鞭打たれたかのように仰け反って透明粘液を床に跳ね散らかした。子ジャクシはシノビスーツの背中をゆっくりと滑り下りた後、尻のあたりに吸着した。
「あ……ぁっ……! いや……!」
青い忍装束の、タイトスカートのようになった部分に張り付いた子ジャクシが弱い水色の光を放つ。それと同時にハリケンブルーの全身から力が抜け、せっかく身を起こしかけていた両手の腕がガクンと折れて、マスクの顔面を床のタイルに打ち付けてしまう。強い粘着力で張り付く軟体生物の感触と、エネルギーを体外に吸い出されていく感覚の正体は、直接目で見なくても子ジャクシの仕業であることがはっきりと分かった。腰に麻酔薬でも注射されたかのように、まず足腰の力がなくなり、続いて上半身までが気だるく、重くなっていく。膝と肘で床に這いつくばった体勢のために、青いタイトスカートは尻の丸いふくらみでパンパンに張り詰め、子ジャクシはそれに食らいつくように大きな吸盤で身体をへばり付かせていた。
(力が……! は、外さないと……!)
マスクの目の前を覆う粘液をグローブの手の平でぬぐい、尻に付着した子ジャクシを剥がそうとするが、もうすでに握力さえもが失われ始めていた。表面にゼリーを纏ったような質感で、人間の腕ほどの太さがある子ジャクシを掴んで引き剥がすことがどうしてもできない。まるで大きなアワビのような貝類が肉質の身を使って固着したような感覚がスーツ越しの尻に感じられた。
ハリケンブルーの手に逆らって子ジャクシの身体がモゾモゾと蠢き、魚や両生類というよりも芋虫のような動きで移動を開始する。尻の上から、下半身にぴっちりと密着しているため網タイツのように見える鎖帷子の太腿へと這い降りていき、無数の吸盤を持った軟体生物が肌の上を移動していくような皮膚感覚をハリケンブルーに味わわせる。
「や、やめて……っ!」
異様な感覚に背をのけぞらせ、粘液に濡れて光るタイルの上で身を起そうとして手を滑らせ、ハリケンブルーは狭い更衣室の廊下で水溜まりを泳ぐようにもがいた。糸を引く粘液を指先から飛び散らせながら、本体のガマジャクシから逃れようと建物の出口に向かって助けを求めるかのように手を伸ばす。出口の向こうに見える、午後の日差しできらきらと光る競技用プールにはまだ誰も姿を現す様子がなかった。

「フーン、まだまだ吸い足りないようでゲロ」
ガマジャクシは冷静な口調で呟くと、大きく息を吸い込みながらゆっくりと背を反らせ、一瞬息を止めた後、ハリケンブルーの頭上にさっきよりも大量の粘液をドボドボと浴びせた。
「ひ……! いやあぁあぁあ!」
マスクに降りかかった粘液のシャワーに視界を歪められて、ハリケンブルーは恐怖の叫び声を上げた。ガマジャクシは10匹近い子ジャクシを同時に吐き出しており、粘液が広がって浅い沼のようになった床の上でそれらが獲物の周りをピチピチと飛び跳ねていた。
「やぁっ、来ないで! 吸い付かないで!」
床から跳ね上がって自分の方へ飛びかかって来ようとする子ジャクシ達から身を守ろうと、ハリケンブルーは身体を丸めて力なく叫ぶ。粘液を浴びた全身の脱力感が酷くなってきており、もう立ち上がったり反撃したりする力は残っていなかった。そして、一匹の子ジャクシがスカートの中、青いスーツの生地がレオタードのようにハリケンブルーの股間に食い込んでいる部分にゆっくりと忍び入り、レオタードのクロッチ部分に頭部を擦り付け始めた。
「あ…… や……やめて……!」
本能的に水や水忍のエネルギーを限界まで吸収しようとする子ジャクシが、ハリケンブルーのその部分に強く惹きつけられることは当然だった。ハリケンブルーもそれをはっきりと理解してはいないものの、子ジャクシの狙いが何か、この後何が起こるかは漠然と想像することができた。そして、下着代わりのレオタードで守られた敏感な部分をヌルヌルとした生物の肉で擦り立てられ、すでに粘液にまみれて蒸れたスーツの下で一層の汗が吹き出した。
そのとき、マスクの頭部からずり落ちるようにしてバイザーの視界に入ってきたもう一匹の子ジャクシを反射的に振り払ったハリケンブルーだが、それによって肩に、背中に張り付いている他の数匹の感触に改めて気付き、悲鳴を上げて粘液の上をごろんと転がった。
その間、スカートの中に入り込んでいた子ジャクシは、わずかに突き出した形の唇で青いレオタードの布地をめくり上げ、その下へ潜り込もうとする動きを執拗に繰り返していた。タイツの内股に吸盤で身体を吸い付かせ、レオタードの食い込みの下に口をこじ入れようと蠢くたび、冷たい肉で太腿を揉み立てられるような感触が襲う。
「あぁっ、だ、だめ……!」
右手を腰に伸ばして、股間に侵入しようとする子ジャクシの粘液で覆われた体表を掴もうとする。だが指先が痺れて力が入らず、子ジャクシがレオタードと網タイツとの間を探り当て、内側へ潜り込むのをついに許してしまう。

「いぃやぁっ!」
ヌルン、と粘液の滑りを利用して二層の生地の隙間へ侵入した子ジャクシは、そのまま身体全体をレオタードの内側へ埋め、そのままズルズルと手で掴み出すことのできない位置まで潜り進んでいった。悲鳴を上げながら片脚を大きく跳ね上げたハリケンブルーがタイトスカートに隠れていたレオタードの全景を晒すと、青いスーツの下腹部は太い棒状の物体が正中線に沿って埋め込まれたようになっていた。見ようによっては、人間離れしたサイズの男性器が浮き出しているようにも思える異様な外見である。しかもその膨らみはスーツの下でくねくねと動き、蛇のように波打つ動きを繰り返していた。
レオタードの下、肌の上には銀色の薄いアンダースーツだけを纏ったハリケンブルーは、子ジャクシが蠢く感触に悲鳴を上げて背中から床に倒れ込んでしまう。へその下から局部にかけて、細かな吸盤の塊がべっとりとへばり付いて柔らかい肉に吸い付いていた。身を丸め、きついタイトスカートを自ら腰まで捲り上げて、レオタードの中へ指をこじ入れて子ジャクシを取り出そうとする。しかし、ハリケンブルーのエネルギーと体温、そして体液のある快適な環境を得た子ジャクシがそこから動くはずがなかった。
「ひあぁっ! あっ!」
子ジャクシの複雑な形状をした口吻で陰唇にむしゃぶり付かれて、ハリケンブルーは身を震わせながら絶叫した。膣内部の柔らかい粘膜までを同時にはむはむと啄ばまれて、気味の悪さと同時に否定しようのない快感に貫かれ、丸めた身体をびくびくと断続的に痙攣させる。
下腹部に張り付く位置を微妙にずらしながら、子ジャクシの攻撃が続く。極薄のスーツに浮き出すように膨れ上がっている陰核をくわえ込み、物理的にも吸引を繰り返しながらエネルギーを吸い上げる。腰全体が痺れ出すような激しい快感に、ハリケンブルーは堪えきれず両脚をばたつかせ、腰を振る。自分の体温よりも冷たい機械生物に粘膜突起を吸い付かれ、さらには尿道口までをちゅぱちゅぱと浅く責められて、身体のエネルギーと同時にそこからわずかな分泌液までが滲み出し、吸われていくのを感じてしまう。
(や…… やめて……やめてぇ……!)
ハリケンブルーが激しく反応する部分ほど濃厚なエネルギーが染み出すため、子ジャクシの責めは残酷なほど的確だった。青いスーツの内部で好き放題に粘膜をしゃぶり上げ、気絶寸前のハリケンブルーを悪夢のような快感の渦に巻き込んでいた。

気付けば、スーツの中に侵入した子ジャクシは1匹だけではなくなっていた。それまでスーツの外側を這い回っていた他の子ジャクシ達が、首筋から、袖口から青い光沢生地の内部に入り込み、二枚の薄膜に挟まれた粘液の層の中をヌルヌルと探索していた。スーツに浮き出した棒状の膨らみがうねりながら胸や背中を動き回る。スーツの上からそれを掴もうとしても、布地一枚隔てた子ジャクシ達はヌルリとその手をすり抜けて、気付けば胸の谷間のあたりにほとんどの個体が集合していた。
「あ……っ! あぁ~~~~っ!」
双丘の間に密集した子ジャクシ達は、これ以上どこにも行き先がないとでも言いたげにスーツの隙間の空間を盛り上げてその場をのたうち始めた。シノビスーツの胸元に大きく描かれたイルカの尾を歪めるようにして不定形な肉の膨らみがピチャピチャと音を立てる。柔らかい乳房の肉が子ジャクシに巻き込まれ、捏ね合わされながらエネルギーを吸い取られていく。それがまた気の遠くなる快感に変換されて、ハリケンブルーは青い光がうっすらと透けて見えるスーツの胸元を掻き毟り、両足を粘液の上でばたつかせて我を忘れたかのような嬌声を上げた。
「ゲロゲ~ロ、もうそろそろ枯れ果てる頃合いでゲロ」
ハリケンブルーを見守っていたガマジャクシは満足した口調で言い、そして大量の子ジャクシを残したままの競技用プールのことを思い出したようにプールサイドの方へ向かっていった。
暴れる力もなくなり、倒れたままで時折びくんびくんと身体を引き攣らせることしかできなくなったハリケンブルーはガマジャクシが消えたことにさえ気付けなかった。きついタイトスカートは今ではほぼ完全に捲れ上がり、子ジャクシが入り込んだレオタードの様子や引き締まった太腿の形、それらが体温に暖められた粘液に濡れて互いに糸を引いている様子までが明らかになっていた。

その後も引き続いて数度の軽い絶頂をハリケンブルーに味わわせたあと、下腹部に張り付いた子ジャクシはもうほとんど動けなくなった宿主から最後のエネルギーを吸い出す準備を始めた。ほんの少しだけ前へにじり寄ると膨らんだ頭部を押し付け、充血して粘液に濡れた陰唇をアンダースーツ越しに割り開いて、その中へ頭全体をこじ入れていく。
半ば失神していたにも関わらず、明らかに今までとは違う身体の内側への攻撃に気付いてハリケンブルーはこれまでにない悲鳴を上げた。だが、子ジャクシはそんなものは意に介さず頭の膨らみを暖かな肉壷の中へ押し込んでいく。
「あぁ、あはああぁ〜ッ!」
それまでの粘膜表面をただ弄られるだけの刺激とは全く次元の違う快感、快楽がハリケンブルーを襲った。ぶよぶよとした頭部全体を膣いっぱいに咥え込まされ、その冷たさと、膣の内壁全面からエネルギーを吸い出されていく感覚に身をよじる。レオタード越しに股間の子ジャクシを押さえつけてもどうにもならず、床に背中を擦り付けるようにして全身に響き渡る快感に悶えた。その床のヌルヌルとした感触も相まって、もう身体が何か粘液の海に浮かんでいるような、自分がどこにいるのか分からなくなるような快感にハリケンブルーは落ち込んでいった。

膣内にみっちりと挿入されていた頭部がゆっくりと引き抜かれ、また緩慢な動きで挿入されていく快感にハリケンブルーは声を上げて悶えていた。それはもはや悲鳴とは言えない甘い音色で、床に溜まった粘液の上をのたうつ音と共に弱々しく響いた。抜き差しのたびにアンダースーツに滲んでくる愛液はいつまでも溢れ続け、子ジャクシも止まることなく往復運動を繰り返す。建物の入り口から時折差し込む太陽光は倒れているハリケンブルーの元まで届かず、薄暗い廊下にただ喘ぎ声が響くだけだった。
逃れることのできない絶頂と失神の連続は、ガマジャクシがプールから立ち去った後、更衣室の廊下を係員がこわごわと覗き込む少し前まで続いた。

(完)
2014-12-31

年末年始

大晦日となり、「渇水」は駆け足的に終わらせてしまいました。クライマックス部分は年明けに書き足すつもりです。
次回作は、大分お待たせしてしまいましたので明日の夜からもう連載開始しようと思います。

以前リクエスト頂いた通り、ダイレンジャー33話「アイドル初体験」のifストーリーとして……
ラストの浜辺の戦いでホウオウレンジャーが単身でガラを追い詰める

ゴーマの力を得て復活したメディア魔術師に背後から攻撃されダウン

ゴーマ宮に連行される

軍事裁判で有罪となり、「労働教化」という名の奴隷化刑を科せられる

再生怪人の口紅歌姫が逃亡防止のため纏足を施す

拘束調教(機械姦メイン)
……という流れを考えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。