FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-09-19

飼鳥(26)

開け放たれていた大きな扉から乾いた足音と共に入ってきたのは、数十人はいるかと思われるコットポトロの群れだった。薄笑いする能面のような表情を変えることなく、ひそひそと何事か囁き交わしながら鳥籠の周りを取り囲むように人数が増えていく。
「う……っ、うぅ……!」
メディア魔術師に突き倒された時の軽い失神から回復したホウオウレンジャーが一目見て息を飲んだのは、彼らの所有物だった。いつも現れる時手にしている剣がなく、全員が両手を空けている。そしてその代わり胴体の中心、股間部に赤黒い大きな肉質の突起が生え出していた。
不規則な皺と瘤に覆われた、腫瘍を思わせるような肉の塊は明らかに男性器だった。彼らが元々身体の一部として持っているものなのか、それとも今から行われる行為のために何らかの方法で装着したものなのかは分からないが、硬く勃起した肉茎はタキシード風の白黒の制服とは不釣り合いな生々しさを持ち、いくつかは先端からわずかに分泌液を溢れさせている。
本能的な嫌悪感を催させる外見にも関わらず、今のホウオウレンジャーにとってはその長さや太さ、表面の質感などが羨望の対象としか見えなかった。手の届かない檻の外に並んだ肉の棒は一体どんな感触だろうかと想像すると、性行為を途中で打ち切られてしまった欲求不満が頭をもたげ、無意識のうちに右手の指はスカートの内側に入り込んで裂け目の内側を弄り始めていた。

「入っていいぞ。まず3人ほどだ」
メディア魔術師が声をかけると、それに応じて3体のコットポトロが鳥籠の戸を開けて入り、マットの上にへたり込んでいるホウオウレンジャーに近付いた。
「あ……っ」
戦闘員に間近に迫られて反射的に距離を取ろうとするが、膝から下が動かず、身を翻して立ち上がるつもりが無様にマットの上で横倒しになってしまう。はぁはぁと喘ぎ、床に転がったクッションに抱き着くようにしてようやく上半身を起こし、コットポトロとメディア魔術師を見比べながら尋ねる。
「な……、何を……するの……?」
「決まっているだろう。仕事の始まりだ。この遊戯室はもう自由に使用できることになっている」
「そ、そんな……っ」
力無く怪人を上目遣いに見上げるホウオウレンジャーだが、その短い会話の途中からすでに身体は下腹部を中心に次第に熱くなり、今からこの大勢の戦闘員達を相手に『遊戯室』で繰り広げられるであろう光景を想像して、性への渇望で正常な意識がみるみるうちに失われていく。
「いいか、くれぐれも大事に扱うんだぞ」
そう言い残してメディア魔術師は鳥籠の戸をくぐり、振り返ることなく部屋を後にした。

淫らな空気に満たされた広い鳥籠の中には、先程のコットポトロ3体がまだ行動を起こすことなくホウオウレンジャーを囲んで見下ろしている。そして鳥籠の外にも、さっきから数を少し増したと思われるコットポトロの大群が中の様子を見詰めている。
「え、遠慮しないで…… いいのよ、私は相手があなた達でも別に……」
太く勃起した肉茎の様子から目を離せないまま、ホウオウレンジャーは相手を誘いかけるようにゆっくりと片手を伸ばす。
「っは!」
突然、背後から背中を蹴り付けられ、不安定な体勢で座っていたホウオウレンジャーは前のめりに倒れ込んでしまう。
クッションに勢いよくマスクの顔面を埋め、すぐに頭を掴んで持ち上げられる。薬物や調教の影響で弛緩しきった身体は、辛うじてダイレンジャーのスーツに守られているだけで、抵抗らしい抵抗をする気力も体力もなかった。
無表情なコットポトロの顔に至近距離で睨み付けられ、言葉はないものの、それは生意気な態度を取るなという意思表示だとはっきりと分かった。
「あ……っ、ご、ごめん……なさい……!」
これまで何百と倒してきた雑魚の戦闘員の性欲を、ダイレンジャーの紅一点戦士の自分が引き受けてやっている、という態度を見透かされ、そしてそれがこれからは全く通用しないことを思い知らされた。彼らの仲間入りをしたような気分になっていたものの、本来自分はゴーマ宮の備品、性処理道具でしかないのだという現実が、ホウオウレンジャーの思考のどこかに残っていたわずかな誇りを踏みにじっていく。
(そ……それでも……っ!)
それでも構わない、とホウオウレンジャーは曇っていく意識の中で呟く。こんなにも淫らに堕とされてしまった身体は、道具として、モノとして扱ってもらわなければ満足できない。大きなクッションの上に腹這いになり、びしょびしょに濡れた股間の裂け目を後ろから指で弄られながら、待ちに待った挿入の期待感に尻や太腿の肉をぴくぴくと震わせる。

「うぁ……あっ……!」
醜い凸凹に覆われたコットポトロの生殖器をズブズブと挿入されて、ホウオウレンジャーは快楽にわずかな苦悶の混じった声を上げた。機械やメディア魔術師にあれだけ掘り返された後でさえ受け止めるにはまだ大きすぎる肉塊。想像していたよりもずっと硬い瘤で抉られた膣壁の感覚に、背を仰け反らせて感じ入る。
「っあぁ……っ! ぁは……! ま、待っ……」
だがその程度の痛みなどすぐに快楽に変換されてしまうことはこの数日の間に何度も学んだことだった。抉り込まれた肉棒が引き抜かれる際、再び掻き毟られた粘膜が悲鳴を上げて分泌する透明液とともに、膣道をギュッと収縮させてしまうほどの痛痒い快感が溢れ出る。
濃厚な性調教で開発されきったホウオウレンジャーの媚粘膜は、それを犯しているコットポトロにとっても相当の心地良さであるらしかった。膝立ちで抜き差しを繰り返すたびに腰がガクガクと震え、首を揺らして夢中でピンク色の尻に向かって欲望をぶつけている。
「はぉっ、おっ、お…… あ……っ!」
クッションを両手で抱き込んで快楽を貪り続けるホウオウレンジャーのマスクが、前にいるコットポトロによって再び持ち上げられ、赤黒い肉塊がバイザーに押し付けられる。
着用者を外界から隔絶する完全気密のマスクに守られている故に、それに直接触れることができないことに異常な渇望感を煽られる。しかしマスクの口部は外れるはず、と考えた瞬間、コットポトロの手によって銀色の嘴が簡単に外され、すぐにいきり立った肉が開いていた口に突き込まれてきた。
「ん……むっ!」
もはや抵抗はなかった。人間の体温よりもいくらか冷たいくらいの温度のペニスは、調教中にさんざんしゃぶらされ続けてきたディルドーの口当たりによく似ていた。喉の奥まで到達するその長さも、自分の意志とは無関係に口腔に抜き差しされる被征服感も、数日間の奴隷調教で慣れ親しんだものだった。舌や喉を動かし、ペニスを扱き立てると、性処理道具の使用者もそれに応じて下半身の動きを大きくする。道具に堕ちていく悦びとともに、奉仕の悦びさえも感じられるようになり始めた。
ただ無理やり犯されているのではない。身体と脳を長期間媚薬漬けにされたおかげで、性器も口も、無限に快感を味わい続けられるのではないかというほどに淫らな器官に作り変えられていた。もう今のこの快楽から抜け出すことは絶対にできない、と考える。そしてそれが中断されることがあり得ないのは、部屋に次々と入ってくる戦闘員達の数を見れば明らかだった。

次へ
2015-09-23

飼鳥(27)

性器を犯すコットポトロはいつの間にか二人目に代わっており、そして鳥籠の中は始めの三人だけでなくそれ以上の人数が入り込んで順番を待っている状態だった。中にいる者のほとんどは落ち着かなさげに股間の肉棒を手でさすり回し、今すぐにでもぶち込んでやりたいというような様子を見せている。
口中で発射された精液にむせて咳き込みながら次の性器を咥え込むたびに呼吸を整えるホウオウレンジャーの耳に、聞き覚えのある怪人の声が聞こえてきた。
「おやおや、もう始まっていますか…… 君達、そこを退きなさい、ほら」
部屋のざわつきが一段と大きくなる。鳥籠の中にひしめき合うコットポトロを掻き分けて登場したのは、紐男爵だった。
「何しろこの娘には、色々と借りがあってね」
「ひ、紐男爵…… 様……」
ダイレンジャーの仲間と共に一度倒し、そして纏足前の脱走騒ぎの時にも攻撃を負わせた怪人に迫られ、ホウオウレンジャーは怯えた声を上げた。
「随分と立派な姿になりましたねぇ、ホウオウレンジャー君」
痛烈な皮肉の言葉をかけられても、ありがとうございますと返すことしかできない。後ろにいたコットポトロが行為を終えたため、前後の穴にペニスを咥え込んでいない欠乏感から腰をもじもじと動かして、紐男爵への奉仕を自分から求める姿勢をとる。
「ふむ、良いでしょう」
紐男爵が衣装を解くと、黄銅色の太い紐が絡まりあった下半身の構造が露わになる。その股間から長く垂れ下がっているのは、やはり同じく紐状の男性器だった。

「ぉ、ああぁ……、っぐ……っ!」
紐男爵に腰を抱えられた体位で秘部を貫かれ、ホウオウレンジャーは強引な摩擦に悲鳴を上げる。太い上に触手のように長く伸びる性器がズリズリと容赦なく侵入し、膣を限界近くまで拡張するように内部を掻き回す。
子宮口付近まで膣内を占領されて、ただ粘膜を刺激されるのではない、今まで一度も触られたことのない部分を満遍なく穿り返される初めての感覚に下半身が痙攣する。苦痛とも快感ともつかない、目の前が点滅するような感覚刺激に意識が瞬間的に飛んだり戻ったりを繰り返す。
「ぐ……っ! ふぅううっ! は、はぁ……っ!」
紐男爵は挿入した紐を一度も引き抜くことなく表面をうねうねと動かし、膣粘膜がスーツ越しに絡みつく感触をできるだけ長時間楽しもうとする。
そのうちに、痛みのせいで過剰に収縮していた骨盤内の筋肉がほぐれ、太い肉紐の往復を素直に受け入れるようになると、ホウオウレンジャーが感じるものも快楽の割合が増し、悲鳴が甘く変わっていく。
「はぁ……あぁ……っ! あ、ぁ……!」
「どうだね気分は? スムーズに動くようになってきたようだが……」
「あ……は、はい……っ! 気持ち、いい……です……っ!」
紐男爵との受け答えに夢中になっていたホウオウレンジャーは、いつの間にか鳥籠の柵を隔てて現れていたメディア魔術師にも気付かず、間近からビデオ撮影を受けていた。
「ぬ……抜かないでください……っ! 紐男爵様……! お願いします! もっと、もっとぐちゃぐちゃに…… 犯してください……っ!」

ほとんどカメラに向かって叫ぶように狂った嬌声を上げ続けるホウオウレンジャーの姿をメディア魔術師の肩越しに見ながら、口紅歌姫は更なる提案をする。
「まさかこの程度のプレイがクライマックスじゃないでしょう。私も最高の男優を用意してあるのよ」
「男優を……、誰のことです?」
口紅歌姫の合図の後、まず二体のコットポトロが現われ、部屋の両開きの扉を大きく開け放した。そして、それに続いて低い唸り声や鼻息のような音が聞こえ、扉の向こうの闇から巨大な黒い塊が登場した。
牽かれてきたのは、鳥籠の中にはとても入り切らなそうなサイズの、大型の黒毛の馬だった。競走馬を筋肉質のまま一回りも二回りも太らせたような体躯の軍馬が、息を荒く弾ませ、そして人間のサイズからすれば現実離れした大きさまで勃起した性器が腹に当たってべちべちと音を立てている。
「この子も最近溜まってるのよ。性処理、必要そうでしょう?」
「おぉ……」
ホウオウレンジャーの反応を楽しんでいた紐男爵は驚きとも苦笑ともつかない声を上げて、抱え上げていたピンク色の身体を離して立った。その場にいたコットポトロ達が、危険から避難するように鳥籠の中を走り出ていく。
「なるほど、面白いことを考えるね」
ただ一人異変に気付かず快楽に耽溺するホウオウレンジャーを紐男爵は片手で持ち上げ、鳥籠の外へ投げ捨てた。

「あっ、あ……」
硬い床の上で身をくねらせ、閉じきることができない陰唇の襞をひくひくと動かしている様子をスーツ越しに怪人達へ晒しながら、ホウオウレンジャーは次に待つ凌辱への期待に焦がれている。
鳥籠の横に、粗末な木製の長机が用意され、ホウオウレンジャーの上半身がその机上に引き上げられて鎖で固定された。腰から下は机にぶら下がった形で、いまだ体液を垂れ流しっぱなしの股間を牡馬に向けて振り立てている。
「やる気満々だな」
笑う紐男爵の横で、ほとんど無言を貫いていたメディア魔術師がやがてホウオウレンジャーの顔に自分の顔を寄せ、話しかける。
「最後のシーンだ。危険も伴う撮影になる。頑張るんだぞ」
銀色の嘴が外されていたマスクは元通りの完全密閉状態に戻り、内部の表情を読み取ることはできない。しかし危険な撮影と聞いてもぐったりと夢見るような呻き声を漏らしたままの様子は、リンの蕩け切った表情を見る者に想像させるものだった。
「危険? そうでしょうね。でも少々裂けたくらいなら簡単に戻せるわよ。何しろあと何十年は皆で使っていくんですものね」
口紅歌姫は子供のようなサイズに縫い縮められたホウオウレンジャーのブーツをちらりと見たあと、ピンク色のボディスーツに包まれた尻をパアンと音を立てて叩く。
「さあお待たせしたわね。遠慮はいらないわ、このメスは準備万端みたいよ」
ゴーマの怪人達が見守る中、興奮に大量の涎を垂らし、人間の腕ほどはある黒いペニスを振り立てながら、巨大な牡馬は交尾台の上に縛り付けられたホウオウレンジャーにゆっくりと近付いていった。

次へ
2015-09-27

飼鳥(28)

ダイレンジャーの基地には、リンを除く全ての戦士達が導士・嘉挧の元に集まっていた。その中にはリンを探し出すためのあらゆる手立てとして呼び寄せられていた老道士、虞翻までが揃っていた。
「それが……ゴーマから届いたというのか」
嘉挧の手の中にある黒い物体は、黒い包帯のような布を何重にも巻き付けた箱型の包みだった。厳重な封を解くと、中からは濃いピンク色のケースに収められたビデオテープが姿を現した。
「リンだ、間違いない……」

再生されたビデオの冒頭は、リンのアイドル活動の様々な場面が一分間ほど、早回しで断片的に繋げられたものだった。
「何なんだよ、これは!」
苛立った声を上げる若者達を嘲笑うようにして、プロデューサー・高村翔一郎の澄ました顔が映し出される。
『お久しぶりですね、ダイレンジャーの皆さん』
「なっ……!」
高村の背後では怪しげな光が空中に渦を巻き、普通のスタジオで撮影された映像ではないことを示している。
「これは…… メディア魔術師の人間態です」
嘉挧が虞翻に向かって説明する。口調こそ冷静だったが、リンがゴーマの手に渡っていたことが明らかとなった今、嘉挧の手は震えていた。
『このビデオはリンの仲間達、それに……「おじ様」や「おじいちゃん」にも……、是非見て頂きたいと思っています』
「どういう事だ!」
思わず冷静さを欠いてしまうテレビの前の一同が次に目にしたのは、鉄枠に両手両足を繋がれ、戦闘員達に身体を撫で回されて苦しむホウオウレンジャーの姿だった。
『うぅっ! くっ……! こ、こんな事をしても…… 私は……!』
「リンだ!」
「やっぱり、拷問を受けているんだ!」
それがすでに数日前に「完了」した拷問の映像であることを知らないダイレンジャー達は、どうか持ちこたえてくれとむしろ一種の希望を持って画面を眺めた。しかし次のカットですでに拷問の快感に負けたリンを見て、全員が次第にビデオのストーリー構成を予感して無言となった。
「や、やめてぇっ! 武器は捨てたから! もう逆らったりしないから! もう……この手を止めてぇっ!」
カメラの視点は登場人物達を足元から覗き込むように移動し、スーツの張り付いたホウオウレンジャーの陰唇にコットポトロの指が第二関節まで挿入され内部を小刻みに掻き回されているのを大映しにする。くちゅ、くちゅという水気の多い音声が、リンの悲鳴に掻き消されることなく記録されていた。快楽拷問の終了を懇願する声は絶え間なく続き、やがて画面全体が暗くフェードアウトした。

『私も予想していた通りでした。「これ」をやられた人間の女は絶対に耐えられない。次のシーンでは少しだけダイレンジャーに対する思いが勝ったようですが……』
裁判のシーンはごく短いものだった。画面はすぐに移り変わって口紅歌姫が登場し、手術用ベッドの四方から撮影された纏足の記録映像が展開された。口枷に封じ込まれたリンの苦悶、足が砕かれていく様子、新しく用意されたブーツの装着まで、ビデオは実に的確な編集でホウオウレンジャーに加えられた不可逆的な身体改造の内容を伝えていた。
『この通りです。この時にはまだ、彼女はダイレンジャーに戻る意志を持っていたようですが…… 今やホウオウレンジャー、リンはゴーマの物になりました』
「嘘だ! 絶対に嘘だ!」
「そんなの認めねえぞ!」
TVの前の怒号に重ねるように、機械調教の場面の数々が展開される。鳥籠の中に転がされ、後ろ手に縛り上げられて悶えるホウオウレンジャー……マスクの口部から媚薬を注ぎ込む強制給餌器……ピンク色の裂け目をグチュグチュと出入りする瘤付きのバイブレーター……
画面端には記録映像の撮影日が常に表示され、その数字は1日ずつ増えていき、最後に昨日の日付で止まった。

やがて明るくなった画面で、ピンク色の部屋を背景にしてホウオウレンジャーから仲間達に向けてのメッセージが流れた。
『ごめんね、みんな…… 私はもう戦うことはやめたの。だってゴーマは…… 私を傷つけるためにさらったんじゃないって分かったから……!』
不自然に明るい調子で、マスクの中からリンの声が響く。
『今は、私、ゴーマ宮で…… あ、あぁ~~ッ!』
ホウオウレンジャーのマスクをアップで捉えていたカメラが引き、背後から怪人に犯されるホウオウレンジャーの全身像が明らかになる。染みの付いたマットに横たわり、スーツやマスクも明らかに精液と思われる白濁汁で汚されて、性処理人形と化したピンクの身体が快楽にのたうつ。
『ゴーマのSEX…… お薬も、とっても、とても気持ちよくて……! みんな、私もうそっちには戻れない、でも大丈夫、みんなもここに来れば、私みたいに……! ……あ、アァああっ! ひぃああぁ~~ッ!』
台詞の途中で映像は最後のシーンに変わり、馬に犯され、もはや人間の言葉を発することもできずに悶え狂うホウオウレンジャーの姿で締めくくられた。精神や記憶は快楽で上書きされ、元のリンに戻すことは誰にもできそうになかった。

(完)(製作中)
2015-09-30

リクエストと執筆の予定2015

完結まで実に9ヶ月もかかってしまった「飼鳥」、お付き合いありがとうございました。

前回に「リクエストと執筆の予定」のエントリーを作ってから1年経ちましたが、一応はリクエスト二つほど消化できました。前回コメント欄ではプテラレンジャーやタイムピンク、デカピンクといった要望を頂いたので、これもできるだけ忘れないようにしておこうと思います。

が、さらに前に約束していたものとしてチェンジマーメイドの「シャトルベース危機一髪」を元にしたエピソードがあるので、優先順位としてはそちらが先になりそうです。
最近の戦隊でも書かないといけないなと思っていて既にネタ出し済みなのはイエローバスターがスーツに細工をされる話で、これは今度こそ短くまとまりそうなので近々やります。

それから、過去作の手直しもやりたいですね。いつも細かく加筆修正はしていますが、初期に書いた「寄生虫」なんかは原作との関連が無さすぎるのが気に入らないので、一度引っ込めて全体に書き直しをしたいとも思っています。「逃鳥」も同じく……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。