FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-03-21

活動報告(2016年2-3月)

「泥浴」完成から時間が開いてしまいました。

この間何も作っていなかったわけではなくて、たとえばTwitterで「戦隊ヒロインが変身したまま警察の取り調べを受けるとかいいよね……」という話になり、「逃鳥」の分岐ストーリーとして書こうと思っていたプロットを独立させて導入部だけ書いたりしていました。
http://blog-imgs-85.fc2.com/t/o/r/torikagohp/kyuchou.txt
タイトルは「窮鳥」としていましたが、その後書き始めたイエローフォーの小説にそのタイトルを採用し、こちらは仮に「罠」としました(4月追記)
完成させるのは相当後になりそうなのでブログ記事にもまだ載せずテキストファイルでの公開とします。
ちなみに会話の相手はつばめさん(「ホウオウ好き」さんから改名。なお現在はTwitter休止中)です。

それから…… 他にも報告事項がありますが、今日はここまで。次の記事をご覧ください。
2016-03-31

翻訳

この2-3月にいろいろやっていた中でも一番の目玉は「翻訳」です。

pixivに海外の人が増えてきたことや、そういえば英語圏のサイトではヒロピン小説を見たことがないなということが動機となって、そろそろ英語圏の人向けに何か情報発信をしたいなと思い始めました。
英会話はともかく読み書きなら何とかなりそうだ、と辞書を引きながらちょっとやってみたらできそうだったので、まずは過去作の英語ダイジェスト版を作ってみました。対象として選んだのは、ずっと「贈り物SS」という仮タイトルで公開していたダイレンジャー二次創作小説です。
(ベルダンさんがイラストに付けた「鳳凰展翅」というタイトルを、この機会に許可を頂いて小説の正式タイトルに採用させて頂きました)

(7)で頂いたイラストを海外の人により楽しんで貰うための文章として、(2)と(7)の部分を中心にして短くまとめたものを作ってみました。今回はとりあえず、だいたいこんな感じで訳してますよという前半部を公開します。あと1-2週間で完成版をpixivに公開できると思います。
「鳳凰展翅」は中華料理の名前から取ったとのことですが、英語タイトルではそのニュアンスを表現するのが難しかったので、"Mounted Phoenix"としました。"mounted"は「剥製にされた」と「機械に据え付けられた」のダブルミーニングとなるようにしたつもりです。

* * * * * *

[The Mounted Phoenix]
http://torikagohp.blog33.fc2.com/blog-entry-9.html

Tokyo, A.D.2043.
21st century Dairanger rose up against resurrected Gorma tribe. But the youths raised in time of peace couldn't take on Gorma's fierce attack.
Hououranger had been the target for vengeance by Lipstick Songstress for 50 years. She was assaulted alone by Songstress with Evil Choir, stunned by the songs and finally got captured in Gorma Castle.

---
"Get her to tell the location of Dairanger's new base"
Colonel Gara ordered Songstress at a chamber in Castle.
"That is the purpose of catching alive. Never execute"
"But, colonel..."
"Don't rush so. You may use any means for extracting the information"
Gara said with a faint smile on her face. She knew what Lipstick Songstress demands for Hououranger.
"Yes, ma'am. I hanged that minx on the special machine. It's almost time for her to be well tamed"
---

"Aaah...!"
Distress cry of Hououranger was echoing in the large basement. But that voice contained unusual tone, as compared with typical screams of pain.
"How long... How long will it last...!?"
Hououranger, keeping the shiny pink and white suit on, was held in a strange apparatus like a square arch. The arch had several holes on the inner side, and slim red tentacles came out from the each holes.
Her hands and legs were tied up to four tentacles tightly, so she was stretched in the air under the arch. The function of the tentacles was not only bondage. They wormed on the Hououranger's suit to persecute her by exceeding sensation.
The tool for injuring hououranger's Qi power arranged by Lipstick Songstress was sexual pleasure.

Too sweet aroma was creeping around the dimly lit room. It was aphrodisiac insence blended by Lipstick Songstress for Hououranger. The ingredients disturbed the Qi circulation in the organs, especially sexual glands. Therefore, Hououranger kept twisting in continuous lust of the flesh.

(To be continued)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。