FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-07-23

迷鳥(4)

「うまく行ったわね!」
駆け寄ってくるリンに、千里はまだ少し落ち着きを取り戻せないまま答える。
「う、うん。すごかったわ、今の…… 技?」
「そう、気力技ね! 私達ダイレンジャーは『気力』の力で戦うの」
「気力……」
メガレンジャーとは全く違う性質の組織であるらしいダイレンジャーのことに千里は興味を惹かれながら、さっき途中で中断された会話の内容を思い出す。
「そうだ、リン…… さんの探してた怪人は? まだこの近くに?」
そう言うと、リンの態度がマスクの下でさっきまでの明るい様子から変化したように思えた。
「ゴーマ怪人の『口紅歌姫』よ。ついさっきこの大学に現れて、私の友達がそいつにさらわれて……!」
「えっ」
「たぶんまだ大学内にいるんじゃないかと思う。もしかしたら他の人が襲われてるかも……!」
「大変! そんなことなら、私も……」
相手が自分と同じくらいの緊急事態の最中に助太刀をしてくれたことを知って、千里は申し訳ない気持ちに襲われる。私も一緒に口紅歌姫を探して戦う、と提案したが、リンはそれを断った。
「気持ちは嬉しいけど…… この事だけはどうしても私一人でなんとかしたいの」
「どうして? 他のダイレンジャーの仲間も居るんでしょう?」

(製作中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。