FC2ブログ
2014-05-03

羽毛(9)

しかし、次に感じたのはあの痛みや熱ではなかった。逆に背中のあたりがすっと寒くなるような感覚が一瞬して、固くこわばらせていた肩や背筋から力が抜けていく。締め付けが緩んだのか、と思ったのも束の間、肩の力が抜けるどころか、腕や首、手足にまで力が入らなくなっていることに気付く。
「あっ、あぁっ!?」
さっきまでの蓄積されたダメージがすべて疲労となって襲ってきたように、ただ縛られているだけの身体がだるく、重い。
「こ、今度は……何を……?」
イヤリング官女の方を睨みつけると、その原因がすぐに見て取れた。妖力を流し込まれた時には赤黒い光が走っていた長い髪の束が、ピンク色の柔らかな光を纏ってざわめいていた。
「ほほほ、これはなかなか……」
イヤリング官女が両手の指をひらひらと動かすと、髪の発光がゆっくりと強弱を繰り返す。そしてそのたびに、身体から力が奪われて行くのがはっきりと感じ取れる。
「そ、それは……!」
「お前の気力、戴くわ!」
髪の巻き締めがギュウゥッと強くなると身体が勝手にびくんと引きつり、まさに絞り上げられるように全身から気力が吸われていく。
「う、うあぁああぁぁ!」
力が抜ける、という表現では済まなかった。身体の芯から直接、気力を吸い取られている。ただ闘うための力だけではない、生命のエネルギー全てを髪に抜き取られていく。
「ふあぁ! あ……あはああぁあっつ!」
いつも気力を生み出すときに想像するのは、胸の奥や下腹部といった場所で熱い気力が湧き、身体に広がっていくイメージだった。そうした温かく柔らかいエネルギーとして気力は全身に行き渡っているはずだった。しかし今ホウオウレンジャーが感じているのは、脊髄の中身を上下からじゅるじゅると吸い出されていく苦痛、脱力感だった。
「はっ! あぁっ! いやああぁ!」
ピンクと白の身体を締め付ける黒い繭が一定のリズムで収縮を繰り返す。そのたびに、体液を絞り出されるようにしてピンク色の光が繭から溢れ、イヤリング官女の方へと流れていく。
今まで一度も経験したことのない、身体の力を吸い出される感覚。攻撃に対抗するための力そのものを徐々に奪われ、一体どうすればこの苦痛に耐えられるのかも分からない。四肢の先が痺れ出し、身体が冷たくなっていく。

完全に力の入らなくなった身体がグニャリと折れ曲がったように感じ、その次には衝撃とともに身体の前面が硬く巨大なものに叩き付けられた。
ホウオウレンジャーはうつ伏せで砂地へ転がっていた。髪の巻き付きを解かれたのだった。
「あ……っ、あぅ……」
だが全く動くことができない。気力のほとんどを吸い出された身体は自分のものではないかのように重く、感覚も鈍っていた。
髪から解放されたにも関わらず、呼吸の苦しさまでもがまだ続いている。緊縛さえ解ければ、とあれほど思っていたのに、これでは反撃などできそうにない。
「おっほっほ…… 解いてあげたわ」
近づいて来ようとするイヤリング官女の様子に身体が本能的な恐怖に震えるが、地面に転がったまま身体をやや丸めるといった動きしかできなかった。
(に……逃げなきゃ……! 反撃は無理でも、ここから……!)
必死で呼吸を整え、奪われた分の気力をまた作り出して身体に行き渡らせようとする。
しかし、それもその一時だけのことだった。胸と地面の間にあの柔らかな太綱が音もなく差し込まれ、一気に空中へと身体を差し上げられた。
「あぁっ!?」
(そ、そんな…… 髪の毛の攻撃は終わったんじゃないの?)
灰色の地面にうつ伏せていた視界が上昇し、地上数メートルの高さに吊り上げられる。見下ろしたその場所にいるイヤリング官女が、ホウオウレンジャーを指差した。
「もう一度」
「ひぃっ……!」
助けて、と恐怖のあまり出かかった声を抑えようとして、しかしその直後には恐怖や勇気など関係なく、あの電撃の苦痛が身体に襲い掛かってきた。
「がぁああぁああっ!」
胸を取り巻いた髪束から妖力の電撃が染み込んできた。肋骨を締め付けられながら、乳房を含めた胸や脇腹が高熱の帯で焼かれ、火花と爆発に包まれる。緩めることなどできない。逆に髪をさらに伸ばされ、緊縛の繭を再形成されていく。
両手、両足と順に自由を奪われながら、ホウオウレンジャーは再び黒髪地獄へと引きずり込まれていった。

次へ

コメント

管理者にだけメッセージを送る

股縄は?

あの股縄は、一体何だったんですか?

Re: 股縄は?

すみません、現時点では利用し忘れたままです。あとで(8)に戻って書き足します。

更新お疲れ様です。
こういうねちっこい責めは好きですね。一度はわざと解放し相手に少し余裕を与えると見せかけてすぐにまた肉体的にも精神的にも痛めるというのですかね。
姉たちが戻ってくるのはもう少し先でしょうか。

Re:

このあと場面が変わってネックレス官女の登場というつもりです。
エロシーンに至るまで九話も使ってしまいましたね。
プロフィール

鳥籠

Author:鳥籠
管理人の名前も鳥籠。
2chエロパロ板のヒロピンスレでの活動を経て個人ブログを立ち上げました。

サイトの説明
目次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ