FC2ブログ
2014-07-05

羽毛(11)

ネックレス官女は、ホウオウレンジャーの耳元に口を寄せて語り掛けながら、赤いネックレスを持つ本体への距離を徐々に縮めていった。
「妹の黒髪地獄は如何だったかえ? なかなかの悶えっぷりだったわ、ほっほほ……」
「だ、黙りなさい! 一体何をする気なの……!」
明らかに次の責めのために用意されたネックレスを、目の前の怪人の両手がジャラジャラと鳴らして見せるのをホウオウレンジャーは不安とともに見つめた。縛られた身体でもう一度もがいてみせるが、ネックレス官女の首の締め付けは緩みもしなかった。
「お姉様、そのまま壊してしまわないで頂戴ね。最後はわらわが……」
「それはこいつ次第よ、ほほほ……」
後ろから姉に呼びかけるイヤリング官女の言い方に、歯の鳴ってしまいそうな恐怖が込み上げる。

「やっ、やめろ……やめ……!」
ちょうど天宝来来の珠ほどの赤い球が連なったネックレスの金具を外して一直線状にし、その両端を摘まんだ手がこちらへ差し出されてくる。ネックレスをホウオウレンジャーの首に掛けようとするネックレス官女の身体を、どんどんと必死で蹴り付けるが、力の差は歴然としていた。首枷のような重量感を感じさせるネックレスを首回りへ巻き付けられ、首の後ろで音を立てて金具を嵌められた。
「……!」
パチン、という小さな音を聞いた瞬間、ネックレスが鈍い光を放った。

目に映る景色が一瞬歪んだかのように感じられた。首筋から薬物を注入されたような、それとも延髄に電気刺激を与えられたような……
「っぁ、ぁ……っつ!」
頭蓋骨の中身を掻き回される感覚が数秒続いたあと、視界がぐらりと横に回転し、目の前に乾いた土の地面が現れた。それだけは幻覚ではなく、ネックレス官女の首拘束が外されて地面に倒れたのだった。
「ほっほっほ……」
「おほほほ……! 流石の効き目ですわ」
身体が不自然に痺れ、痛みとは違う感覚のために動かせない。横倒しになった自分の身体を何とか転がし、這うような姿勢になったところで、再び脳が掻き混ぜられるような感覚が襲った。脳から全身の末梢神経に向けて熱いものが流れ、広がっていく。
「何……これ……」
ネックレスの力で、脳を弄られている。それだけは直感的に理解することができた。
(あ……熱い! 身体が……!)
熱病に浮かされたように身体が熱を発し、そして皮膚の感覚がおかしくなっていく。スーツにぴっちりと包まれた身体を少しでも動かすたびに、すべすべとした生地に全身をくまなく撫で上げられることが気になって仕方がない。熱にもがくたび擦り合わされる両膝、地面に押し付けられている胸、薄いボディスーツの上に着た胴衣……
普段意識することのなかったスーツの感触や密着性が、なぜか今はそばに居る敵の存在よりも重大なことのように思えてしまう。
「こ、この…… ネックレスは……」
麻痺のためにまるで自分のものでないような右手を動かし、首に着けさせられたネックレスを掴む。脱ぎ捨てようと上方へ引っ張るが、マスクの直径がネックレスよりもわずかに大きく、頭からネックレスを引き抜くことができない。
「う……うあぁっ!」
ガチャガチャと無駄な動きを繰り返すが、ネックレスも、当然のことながら自分自身のマスクも、伸びたりたわんだりような強度ではない。
「おほほ……! お前の力で千切れると思って?」
着け外しするための金具があったことを思い出し、両手の指でネックレスの接続部を探り当てようとする。しかしじんじんと麻痺し、分厚いグローブに覆われた指では、球体が連なったネックレスの形状を確かめるのがやっとだった。そして、視界の狭いマスクでは、自分の首のネックレスを直接見ることができないのだった。
「っく……!」
転身を解きたい、という思いがホウオウレンジャーの脳裏をよぎる。イヤリング官女達の執拗な攻撃から身を守ってくれたスーツだが、マスクやグローブで不自由に拘束され、全身を常に撫で回されていることが今は恨めしかった。

次へ

コメント

管理者にだけメッセージを送る

元気で何よりです!

三人官女姉妹の一番姉貴である指輪官女の出方が気になります。

Re

どうもご心配をおかけしました。
今回はイヤリング官女が主役ですので、指輪官女まで直接手を下すと髪責めの比率が減ってしまうということで、指輪官女は最後の方に出てくるだけにしようと思っています。
でも複数の女に責められるというプレイもいいですよね。

なるほど、そういうことでしたか。ところで、話が変わりますけど、次回作ハリケンジャーの小説ではハリケンブルーは敵側の妖怪(?)とタイマン勝負になるのでしょうか?

Re

> タイマン勝負
そのつもりです。あまり長くならないように2シーンくらいの話にしたいですし、実は敵組織とかの設定を細かいところまで把握していないというのも理由ですw

おかえりなさい

お久しぶりです。お元気で何よりです。

その頃、由美ちゃんは(亮を盗られまいと)リンに対抗するために水着選びしてるんですね(妄想)

次回作のハリケンジャーの小説、楽しみにしてます。あと、そのさらに次のダイレンジャーのアイドル回ifストーリー小説では今回の小説でも採用されている言葉攻めも採用して欲しいのとNG項目になるけどスカ系とふたなりはNGでお願い出来ますか?

Re

> その頃、由美ちゃんは
さすが由美ちゃんのことは忘れませんね。
ヒロインがピンチの時に仲間は何をしているか、というのはうちではほとんど省いてしまってますが、ピンチを盛り上げるネタとして使えるといいですね。

> アイドル回ifストーリー
了解です。肝心のストーリーやプロットは決まってませんが。

待ってました

しばらく更新がなかったので心配してましたが、無事再開されて何よりです。
ついにネックレスも責めに参加してどうなるか楽しみですよ。

Re: 待ってました

少し前に言っていた通り、特殊効果のあるネックレスを着ける以外でネックレス官女のいい使い方が思いつかなかったのでこうなりました。個人的にはすごく好きな展開なんですけどね。
プロフィール

鳥籠

Author:鳥籠
管理人の名前も鳥籠。
2chエロパロ板のヒロピンスレでの活動を経て個人ブログを立ち上げました。

サイトの説明
目次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ