FC2ブログ
2014-11-09

渇水(2)

「たしかこっち側が……」
市民プールの敷地を出て裏通りへ回り、目隠しの柵をへだてて競技用プールがある辺りまで来ると、何者かが大きな足音を立ててコンクリートの上を歩き回っている様子が分かった。
「ゲロゲ〜ロ、こんなところにもまだ水があったぞォ」
足音の主が発する低い声が聞こえる。"バケモノ"の正体はこれに違いないと、七海はその場から鉄柵を飛び越えて乾いたプールサイドへ降り立った。

「ゲロ?」
突然現れた七海に気付いて驚いた様子を見せたのは、二本の足で立った巨大なカエルのような怪人だった。体のあちこちが機械化され、顔は間抜けだが凶悪そうな武装をしている。
「その格好、ジャカンジャね! プールなんかに現れて何を企んでるのよ」
「ゲロゲーロ、オレは水喰い忍者ガマジャクシ! これから地球の水を全部吸い取ってスッカラカンにしてやるのでゲロ」
ガマジャクシと名乗った怪人は、指がホースか銃口のようになった手を振り回しながら言った。
「水を!? ちょっとちょっと、そんなこと絶対にさせないんだから!」
地球侵略はひとまず置いておいて、この暑い日に目の前でプールの水を吸い取られてはたまらない。ガマジャクシがそんなことをやる前に止めに入れたのはある意味ラッキーだった。
怪人の返答を待つことなく左手のハリケンジャイロを取り出し、回転機構を作動させる。
プールの水面全体を波立たせるほどの風神エネルギーの発生とともに七海の全身が光に包まれ、鮮やかな青色のシノビスーツを身に張り付かせた戦士の姿が現れた。
「水が舞い、波が踊る! 水忍・ハリケンブルーが相手よ!」
仲間に連絡せず一人でシノビチェンジしたのは、水忍同士の一騎打ちという意味もあるが、ちょっとした下心もあった。今日は入場待ちまでしてプールで泳ごうとしていたところに思わぬ邪魔が入ってしまったが、この怪人を難なく倒せれば人が戻ってくるまでしばらくの間は泳ぎ放題、プライベートプール状態になる。できれば一人で広い貸し切りプールを満喫したかった。
(ま、それくらい役得ということで、いいよね……)

「ハリケンジャーか! これでもくらえィ!」
ガマジャクシが指先から弾丸を打ち出してくる。ハリケンブルー・七海は弾丸を避けてプールの方へ跳躍すると、競技用プールのコースを仕切る、青と黄色のフロートで水面に浮かんだロープの上へ両足を揃えてふわりと着地した。

次へ

コメント

管理者にだけメッセージを送る

コメント

待ってました!
ピンチがこれから待ち受けているのですね。
首を長くして待ってます。

Re: コメント

あ、Twitterで告知する前に気づかれてしまいましたか。
今日はピンチのところまで行くかどうかわかりませんがご期待ください。
プロフィール

鳥籠

Author:鳥籠
管理人の名前も鳥籠。
2chエロパロ板のヒロピンスレでの活動を経て個人ブログを立ち上げました。

サイトの説明
目次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ