FC2ブログ
2019-01-20

迷鳥(13)

ホウオウレンジャーが叫ぶのをやめ、視聴覚を奪われつつも相手の出方を伺う態勢に変わったのを確認すると、ネジイエローは席に戻った。
そして、旧式のオーディオ・ミキサーの盤面の端に付いた大きなスイッチを、指でパチンと"ON"にした。

「うぁあああぁあっ!」
その時ホウオウレンジャーを襲ったのは、マスクの内側の空間に充満する黄色の閃光、そして轟音の電子ノイズだった。
電源ケーブルで高圧電流を身体に流された時のように、ピンク色の身体が激しく痙攣し、跳ね上がる。しかし拘束椅子の上ではそれ以上背を仰け反らせることすらできずに苦しみの絶叫だけが続いた。
「ぐあぁっ! んぐぅぁあああぁっ! あっぁああああ〜!」

数分間の闇と無音の世界からホウオウレンジャーが引きずり出された場所は、ねじくれた電気のエネルギーが光と音に形を変えて視聴覚を飽和させる嵐の中だった。
口紅歌姫の音波攻撃とは違う種類の苦痛。耳から脳にかけてをじりじりと侵食するのではなく、もっと直接的に脳神経に食い込む2種類の感覚が同時に襲いかかってくる。装置のスイッチが入ったその瞬間から苦痛のボルテージは最高潮に達した。
それは外側から見れば、二重になったマスクの間から黄色の光とジジジという雑音がわずかに漏れてきているだけに過ぎないのだが、マスクの内側でホウオウレンジャーは地獄を味わっていた。

耳を塞げないどころではない。マスクの黒いバイザーを軽々と通り抜けて飛び込んでくるイエローの光が、目を開けても閉じても、薄いまぶたを突き抜けて眼球に突き刺さってくる。どちらを向いても、黄色の光から目を逸らすことなどできない。耳元からやってくる大音響は言うまでもなかった。まるでドリルでマスクの側面を削り取られているような甲高い金属音が、自分の絶叫で掻き消されることなく響き続ける。
光と音、二重の苦しみが極小の空間で戦士を痛めつける。普通なら二層重ねのマスクを引きむしって投げ捨てているところだ。敵のマスクが外れなければ、頭を抱えてのたうち回っているはずだった。だが、粘着テープに固められた両手を動かすこと、床を転げ回ることすら今のホウオウレンジャーにはできない。できるのはただ首を左右に振り、息が切れるまで叫び続けることだけだ。
「あぁあああおぁっ! いやぁああぁああああっ!」

 ・ ・ ・

何が起こっていたのか理解できないまま狂ったような絶叫を繰り返していたホウオウレンジャーは、気を失う直前に突然、静寂と闇の中に放り出され、全身の力を抜いて椅子に身体を預けた。
「気分はいかが?」
ジンジンと痺れ、血を流しそうな感覚器に、ネジイエローの声はなぜかはっきりと聞こえた。
「うぁ…… あ…… これは……」
「あっけないわね。でもまぁ、その旧式のスーツじゃそんなものかしら?」
耳元で響くネジイエローの台詞に、ホウオウレンジャーは闘志を振り絞って両手の拳を固く握り締め、割れそうに痛む頭を背凭れからどうにか持ち上げる。視界は暗闇に閉ざされているものの、敵はおそらく自分の目の前に立っているはずだった。
「こ、こんな……もの……! ダイレンジャーの力なら……」
だが、言い終わる前にネジイエローは装置のスイッチをもう一度ONに入れた。
「があぁああああああぁ〜っ!!」

その一瞬で、ホウオウレンジャーは黄色い閃光と轟音の世界に引き戻される。すべての意識と感覚が目と耳からの刺激で埋め尽くされ、縛られている手足も、汗まみれのスーツの内側のことも感じ取れなくなる。
「ぐああああぁあ〜っ! うわぁっ、うぅわあああぁあーっ!」
もうただ、目の眩むようなイエローただ一色の世界、目を開けても閉じても逃れようのない強烈な感覚情報と電磁波の激流に身体が浸される。洗脳という言葉通り、強大で邪悪なエネルギーに脳が捻じ上げられ、正常な意識と思考を搾り落とされて、その代わりに黄色いノイズの渦が流し込まれていく。
どこにも逃げ道が、心の逃げ込む場所がない。強制的に過覚醒の状態を続けさせられ、気絶すらできない。ネジイエローのコピーマスクが接続された拷問装置が通電している限り、一瞬の途切れもない苦痛が続く。
「うわぁああ〜っ! あがあぁっ! ひぎゃあああぁああーっ!」
叫び、吠えることしかできないホウオウレンジャーは、自分では全く気付かないうちにスーツの中で失禁を繰り返していた。肺の中の空気を喉から絞り出すのと同じく、膀胱の中身が空になるまで断続的に生温かい液体を絞り出し、汚れた金属製の椅子の座面や脚をさらに汚していった。
「ほほほ、やはり汚いわね、人間は……!」

 ・ ・ ・

何時間続いたかと思われる光と音がまた一時中断した。イエローの悪魔の仮面を被らされたピンクの戦士が、汗と尿に塗れた身体をぐったりと弛緩させる。
「さあ、どうかしら……?」
喉が枯れ、声を出すことすら辛いホウオウレンジャーは、マスクの中でぜいぜいと呼吸音を響かせ、涎と涙を流しながら、見えない場所に居るネジイエローに向かって懇願する。
「も、もう…… や……め……」
「言葉が喋れる内は、まだまだよ」
そう言ってネジイエローは再び、オーディオミキサーの盤面のスイッチをパチンと弾いた。


次へ
2018-12-24

CG集のお知らせ

番組の途中ですがお知らせです。

イラスト

特撮その他の幅広いジャンルで活動するほろりら先生による戦隊ヒロインCG集がfantiaで発表されました。
実はこれ、何年か前に「鳳凰展翅」の挿絵として依頼してその後お蔵入りになっていた絵が含まれています。

「鳳凰展翅」は自信作で文章のボリュームもあるのでCGノベルという形で発表できないかと考えて、変身後R-18絵を引き受けて頂ける絵師さんを探して依頼、その後さらに欲を出して挿絵以外の絵も何枚かお願いしたけれど諸事情で一枚も使用しないまま時間が経ってしまっていました。
挿絵としては(2)の焦らし責めのシーンと(5)の媚薬粘液でドロドロにされてるシーン、(6)の虫責め事後シーンです。それと小説に対応するものではないけれどもホウオウレンジャー緊縛絵などがあります。
ちなみにその他のヒロインとしてブルーヒロイン集合、ニンニン2人娘などを収録。これらは確かpixivなどで過去に公開されていた作品ですね。

透明感や写真のライティング・テクニックを感じさせる質感と色使いは、なかなかこのジャンルの絵ではお目にかかれないものです。今回のCG集は年末で公開終了になるかも知れないので早めにどうぞ。
作品の販売という形ではなく、クリエイター支援サイトへの参加でダウンロードできるようになる形式です。DLsiteなどに比べて特に面倒な手続きはありません。
2018-12-08

迷鳥(12)

ネジイエローの用意したマスクが洗脳の機能を持つものであることは確実だった。
「そ、そんな……っ!」
より一層の力で両手と両足の拘束を解こうとする。だがやはり厚いテープの層はギュウギュウと音を立てるだけでびくともしない。ブーツの足首ががんじがらめに椅子に縛り付けられている、そこからブーツだけを残して中身の足だけを引き抜けるのではと思い付き、膝を上げたり、爪先と踵とを交互に持ち上げたりといった動きを試してみるが、グローブと同じくスーツと一体になったブーツが脱げることはなかった。
密封されたスーツの中でこれまでにない量の汗をかき、ホウオウレンジャーはマスクを前後に振り立てて最後の抵抗を続けた。

「貴女やダイレンジャーのこと、興味はあるわ。でも調査は後よ。ひとまず…… 少々荒っぽい方法でやらせて貰おうかしら」
「ま、待ちなさい! 何を……!」
首を振ってマスクの装着から逃れようとするホウオウレンジャーの首をネジイエローは右手でがっしりと掴み、後ろへ押さえつけて、椅子の広い背凭れに背中や両肩を密着させる。
「うあぁっ! やめ…… やめっ!」
首の骨がへし折られないよう耐えるのが精一杯だった。ネジイエローの左手に保持された洗脳マスクが、ピンク色のフルフェイスマスクの頭上から更に被せられていく。
鬼の面のようなマスクの裏面が、剥き出しの回路や電子部品で埋め尽くされているのを間近に見た次の瞬間、ホウオウレンジャーの視界は完全な闇に変わった。

「……うぅっ!?」
息が苦しい。闇の中へ閉じ込められたせいだけではなく、まだ喉元を強く押さえ付けられている。マスクの重みを頭に感じながら、何とか首の自由を取り戻そうとしていると、今度は耳に栓をされたかのように聴覚までが急に遮断された。
「ぁ…… あ……っ! 何、何なの!?」
マスクを隔てた外の音が耳から消え、目を開けても閉じても何の光も差さない空間に自分の声だけが響く。
驚きのあまり、首を掴んでいたネジイエローの手が離れたことにすぐ気が付かなかった。数秒前まで、縛られて敵と向かいあっていたはずが、なぜか全く別の場所へ飛ばされてしまったように錯覚する。しかし、当然のことながら手や足は椅子に縛り付けられたままなのだ。スーツの上から粘着テープで椅子に拘束されている、その感覚は決して失われずに身体に伝わってくる。
「ね、ネジイエロー! これは一体……!」

 ・ ・ ・

自分の名を呼ぶ声にネジイエローは答えず、傍らの小さなモニターを覗き込んでいる。PCのディスプレイではなく、粗いドットの英数字だけが単色で表示されている5インチほどの画面だ。
「繋がったわね」
椅子の方を振り向くと、ホウオウレンジャーに被された黄色いマスクと、その耳や額に突き刺さるように数本のケーブルが接続されているのを確認する。
「聞こえる? 聞こえてないわね、はいはい」
洗脳マスクで覆われていない、ピンク色のマスクの頰を指先でトントンと叩くと、囚われの戦士は眠りから急に起こされた人間のようにびくんと反応して、大声を上げながら椅子の上で身体をめちゃくちゃに捻った。

次へ
2018-11-04

迷鳥(11)

一方、ホウオウレンジャー・天風星リンは大学内の全く違う場所でネジイエローに遭遇し、互いに向かい合っていた。
「きっと口紅歌姫を探していたのでしょうね、残念でした」
ネジイエローは狭い部屋中に積み上げられた作動中の各種機器に囲まれ、脚を組んで椅子に腰掛けたまま、入り口に立つピンク色の戦隊スーツ姿のホウオウレンジャーに笑いかけた。

講義棟のPC教室の隣、コンピューターの周辺機器や音響・映像関係の機材が雑然と保管されている部屋にネジイエローは陣取り、ありったけの機械を接続して何かを始めようとしているところだった。LEDの点滅や冷却ファンのモーター音が部屋の中に不穏な雰囲気を漂わせている。
「口紅歌姫に会ったのね!」
「ええ、貴女を探しているようだったわ。上手く行かないものね、私はメガイエローに来て欲しかったのだけど」
「私は……」
そう言いながらネジイエローの居る室内に踏み込んだホウオウレンジャーは、足元の太い黒色の電源ケーブルが急に蛇のように跳ね上がり、ほつれた銅線を露出させている切断面が膝上の内腿あたりに押し付けられるのを感じた。
「うぐぁああああっ!!」
その瞬間、ケーブルのその部分から火花が吹き出し、スーツ越しにホウオウレンジャーの身体へ高圧の電流を迸らせた。
通電は一瞬の間のこと、破裂音と共に部屋の電源ブレーカーが落ち、照明はもちろん各種機器が全停止してから数秒後、ネジイエローが片手を上げるとそれらが元通り復旧した。

「ぁ…… あぁ……」
ホウオウレンジャーはスーツの太腿の、通電を受けた箇所に黒く小さな焦げを作り、そこからわずかに煙を上げながら、ケーブル群の這う床の上に横倒しになって呻いていた。床に垂れたケーブルの端の被覆ゴムが高熱で溶け、ジュクジュクと泡立っている。
「あら、この程度の電気でもう動けなくなるの?」
(あ、脚…… あしが……っ!)
腰から下の感覚がほとんど失われてしまったようだった。光線や熱ではなく、純粋な電撃を敵から浴びせられたことはない。スーツの耐久力が通用しない攻撃をいきなり受けてしまい、完全に不意を突かれてしまった。
「では」
ネジイエローは椅子から立ち上がり、床でもがいているホウオウレンジャーのマスクを掴んで引き起こすかのように、額のあたりに掌を押し付ける。
「う…… うぁああああぁっ!」
ホウオウレンジャーがまた絶叫する。電撃責めの苦痛とは違う、得体の知れない不快感だった。硬いマスクの上から触られているのに、その中を、頭の中身をじかに手掴みされているような感覚。
手を払い退けたいが、脚だけでなく全身に力が入らなかった。マスクに刻まれた鳳凰の彫刻を手のひらで撫で回されながら、脳の表面が痒くなるような嫌悪感に苛まれて声を上げ続ける。
「なるほど…… 面白いスーツだわ。ほとんど旧式の集積回路ばかりなのに、ナノマシンに近い発想のモジュールもある…… 表面素材も……」
「ぅああぁぁ! ああっ!」
気力やエネルギーではなく、スーツの持つ情報が吸い出されているということが、原理は全く分からないながらネジイエローの言葉から何とか読み取れる。脱力感と身体の強張りに抗ってようやく相手の腕に手を掛けようとしたときに、マスクから手が離れた。
「……あっ!」
床に崩れ落ちたホウオウレンジャーは息を弾ませ、薬品か何かで汚されてしまったようにも感じるマスクの額を押さえる。しばらくその場にうずくまって、身体の感覚が混乱から復帰するのを待つ。
ネジイエローがその場に立ったままPCのキーボードや機材のスイッチ類を盛んに操作するのに不吉な予感を覚えて逃げ出そうとしたが、その動きはすぐに察知され、脚を後ろから踏みつけられた。

 ・ ・ ・

ホウオウレンジャーは身体に力が戻る前に引き起こされ、部屋中央の床にビス留めされた使い古しの椅子に座らされた。両手は背中の後ろで一纏めに括られ、両足はそれぞれ足首のあたりを椅子に縛り付けられている。手足ともに、無造作にガムテープをぐるぐると巻きつけただけなのだが、それでも全く抜け出せないのが屈辱的だった。
「ふうぅ…… んっ! こんな物……!」
何重にも巻かれた薄茶色のテープを身をよじって引き千切ろうとするが、厚いテープの層がミシミシと軋む音がするだけで、背凭れの後ろに固定された腕が自由になる気配は全くない。足元も同じだ。強い粘着力のテープで細いスチール製の角柱にそれぞれ縛り付けられたブーツはギチギチと音を立てるだけ。
「んうぅっ…… ち、力が……!」
思うように力が入らない身体に苛立つピンク色の戦士をネジイエローが笑う。
「どうも勘違いしてるみたいね。貴女の筋力はスーツで増強されても元々その程度。私が何かしたわけじゃないわ」
「なっ……!」
予想外の言葉に戸惑うホウオウレンジャー。確かにこのようにガムテープで手足を固められたのを千切って脱出した経験はないが、ゴーマの拘束具でもないものにこんな苦戦をするとは思えない。数時間前から断続的に戦闘員や女怪人達と戦闘を繰り返したことで、思った以上に気力と体力を消費してしまったのかも知れなかった。

(で、でも……!)
意識を集中し、気力の力を呼び起こして…… としはじめたホウオウレンジャーの前に、胸元に何かを抱えたネジイエローが立つ。
「準備ができたわ」
その両手に捧げ持っていたのは、ネジイエローのマスク上半分をそのまま取り外してきたような、鬼の面や昆虫を思わせる黒と黄色のメタリックな仮面だった。頭上から被るようになった構造と内側に張られたクッション材が「ヘッドギア」という単語を想起させる。
(何……!?)
それが自分に被せるため用意されたものであることを薄々理解しつつも、ことさら語気を荒めて目の前の怪人に尋ねる。
「何よ……っ!」
「口紅歌姫のやり方を参考にしたのよ。兵士より自由に使える駒を作る……」


次へ
2018-10-28

迷鳥(10)

全身の痺れと微かな冷気を感じて、メガイエローはゆっくりと意識を取り戻した。
冷たさの原因はタイル床の上にうつ伏せに横たわっているせいだった。メガスーツは解除されずにいる。あれから数分だけ気を失っていたということ、拘束が解けていることを理解するが、身体はすぐに動きそうになかった。

「ほほほ、死んではいないわ」
口紅歌姫が聖歌隊員に話しているらしき声が降ってくる。その声色は今までと同様に油断しきっている様子だった。
(……そうよ、死ぬわけないわ……!)
胸の傷口に意識を向けてみる。異物を突っ込まれた不快感はどうしようもなく残っているが、身体も、スーツも、致命的なダメージを受けたとは思えない。
(まだ…… 戦える!)
はっと気づき、首をわずかに横へ向けると、思った通りさっき取り落としたメガスナイパーはすぐそばの位置にあった。
迷う間も無く跳ね起き、痺れた手足を動かして床のメガスナイパーを掴む。
「……っ!」
聖歌隊に周囲を守られた怪人の姿を確認した後、両手で構えたメガスナイパーの照準をそちらではなく天井に向ける。
引き金を引くと、発射音と共に光線の熱が火災報知器の横を焼き焦がし、一呼吸の空白の後にスプリンクラーの放水が部屋の全体へ降り注いできた。

「なっ、何! 何をしたの!」
顔に水を浴び、正気を取り戻して騒ぎ始めた聖歌隊員に囲まれて、状況の理解できない口紅歌姫がそれ以上に慌てふためいている。
シャワーのような水を頭から浴び続けながらメガスーツの左肩を手の平で撫でると、紫色で描かれた唇はずるりという感覚とともに水に溶けて流れ、腕に残っていた違和感ごと消失した。
「……やっ!」
厚いカーテンの向こう側のガラス窓にメガスナイパーの銃把を力任せに叩きつけて割り、メガイエローは音楽堂の建物から転がり落ちるようにして脱出した。

次へ
プロフィール

鳥籠

Author:鳥籠
管理人の名前も鳥籠。
2chエロパロ板のヒロピンスレでの活動を経て個人ブログを立ち上げました。

サイトの説明
目次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ